≪ 2017 09   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -  2017 11 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




友人に教えてもらって、癒されまくっています。

中学入学と同時期から、タロはどうやら思春期的反抗期に軽く突入したらしく


注意をすれば反抗的な目つきをし


学校では不安定丸出し

人が離れた所で談笑していると


「オレのことを笑っている!」

とフルスロットル被害妄想で相手を攻撃しようとする



そんなこんなで、何度となく、担任や生活指導の先生と

“必要が出てきたら、本人告知と同学年生徒へのカミングアウトをする”

という話をしていたのですが


当人タロ、家では自分が荒れても、荒れた自分より荒れた母の方が恐ろしいと感じたらしく、家では普通なのですが、学校では相変わらずの被害妄想から、最近モップ等持ち出し周囲から止められるという犯罪一歩手前に陥りました。



先生と打ち合わせをして、今までザックリとしか本人告知をしていなかったのですが、

先生から本人告知→学年への告知→時期見て父兄への連絡


ということになりました。


とりあえず本人告知は何事もなく終わったようで、本人に話を聞いてみたところ、

「何があっても俺は俺だし」と冷静に話していました。


今日から用事があり家を不在にすることを先生方に連絡したら、

正に今日、同級生達へのカミングアウトをする予定なのだそうです。




担任の先生の話では、今のところまだ、クラスでは「タロはいいところもあるんだよ」と言ってくれる女子もいるということでした。

ありがとう。




タロには「何かあって母さんに話したかったら連絡よこしな」と言ってきました。

子ども同士のことより親の方が怖い気がします。


無事終わりますように。

▼続きを読む▼

私は何ヶ月も前から、胃部の不快感に悩まされていた。

その頃から、便通がおかしくなり始めた。

11月末、とうとう血便が出るようになった。

一時的なものかと思った。

12月半ば、一時的ではなく、ずっと続いていることに気付いた。


私の選択は


“医者に行かず、死期を待つ”だった。




癌なら金かかるし。




だが年末、貴様が何だかズレた手紙を寄越したので私は医者に行くことにした。

貴様のような奴に子どもらを育てられたら子どもらの人格が崩壊してしまう。

そう思ったからだ。


 
医者に行って「ストレスが原因」と言われ、その後に気付いたよ。


私は“緩やかな自殺”を選択しようとしていたんだよ。





貴様は昔私にこう言ったな





「死にたいと言う奴は死なない」






そのとおりだな。
死に“たい”なんて考えなかった。



もう死ぬんだとしか考えなかった。



貴様にこの感情が理解できるか





私にイエスのことを理解しろと言う前に貴様の生き様の有り得なさを理解しろよ。




何度でも言う。





他人を苦しめていてもイエスを信じてハレルヤしていれば無問題 なんて腐った思想宗教なんて御免だよ。



貴様こそもっとキリスト教を理解しろよ。




聖人君子ぶってんじゃねえ。

タロの小学校卒業まで80日を切りました。

いや、切ったらしいです。
個人面談で学校に行って知りました。


そんなわけでタロの個人面談。

ここにきて悩ましい話がてんこもり。


といっても、トラブルだとか、そういったことではなく

日々やって然るべき、当然、当たり前、聞く方がおかしいじゃん? な“提出物”に関して、壊滅的と表現するしかない状態です。

どうしますコレ。

宿題やっていっても提出しない。
授業中に提出すべきものも提出しない。
学校から親への手紙も提出しない。
自主学習のノートは2学期入ってまだ一冊も終わってない。(10冊行ってないのはタロだけらしいです)


やるべきことをやらない。
たまにやっても中途半端。
中途半端を指摘されると
「なぜ中途半端でも“やってきた”ことを認めない」
と逆ギレ。
…お前そんな甘えが許される時代はもう過ぎたぜよ…



タロには何年生辺りからか再三言っていることがあります。


今みたいな状態が許されるのは小学校までだ
中学で今みたいなことをしていればお前の選択肢はぐっと狭まる。

木を想像しなさい。
太い幹の木には沢山の枝葉がある。
でも細い幹なら枝も細く少ない。

これと同じだよ。

お前は母さんに「オトナってなんちゃら」言うことがあるが、母さんは後悔が多いから言ってるんだ。

それでもやらないで、後悔するのは母さんじゃない。
お前なんだ。




ですがタロには伝わっていなかったようです。


今回は更に言いました。


そろそろ現実を見なさい。
ぼんやりしてる時間は終了だ。
6年掛けて身に付けなければならなかったことをお前は身に付けようとしなかった。
もう時間は無い。
夢があり、実現させたいなら目を醒ましなさい。

あんたはピーターパンじゃないんだ。

進んでいく時間と時代に乗って、社会に出なければいけないんだ。

目を醒ましなさい。

あんたはピーターパンじゃない。


どこまで伝わっているでしょうね。

ニュースでは毎日のように新型インフルエンザの話題が挙がっていますね。





怖いなぁー
ワクチンも予約出来なかったよー。
どうしよう…

なんて思って日々過ごしていたある日、サブを迎えに保育園に行ったら

ついに!
“当園でも新型インフルエンザに罹患した園児が出ました”というお知らせが入りました。


その日が木曜日でインフルの子が5人。
次の日にもお知らせの手紙が入り、インフルの子は9人に。

そして3連休に入りました。

サブは土曜日辺りから食欲が今ひとつなく、好物だけ食べて「お腹いっぱい」と言っては私に怒られて(食欲以外は至って通常どおりだったので…)いました。

そして連休最終日の夜です。

いきなりサブが断続的に咳込み始めました。

咳が止まらないので熱を測ってみたら7度6分。
微妙です。

しかし新型インフルが保育園で流行り始めていたので急患センターに電話してみました。

「7度6分の熱発と断続的な咳。保育園では新型インフルエンザが流行ってきているのでそちらで看てもらった方が良いでしょうか?」

「熱の出始めでは検査しても結果が出ない可能性があるので様子を見て明日かかりつけに行った方が良いと思います」



ということでマスクをさせて寝かせました。

咳は眠りに入ると止まり、夜中まで様子をみていたのですが熱が上がる気配も無く、普通に寝ていました。


インフルエンザでなくて喘息になったのかも?

と思いました。


朝、熱は7度7分位で、病院に着いて測ったら7度1分。

咳は止まっていました。

やっぱりインフルエンザではないだろうと思いました。

ただ念のため検査をしてもらったのです。


するとしばらくしたら先生自ら登場(隔離の待合室に通されていたのです)。

「出たね。インフルエンザ」

出た!


「A型か新型かは…?」
「Aだけど今時期Aだったら新型しか無いよ」
「そ、そうですか。そうですよね」


斯くしてサブ及び私(看病要員)は家庭内にて隔離されることとなったのです。


▼続きを読む▼

『いい婆さん』の作った“「必要なものを必要なだけオーダーメイドを安価で提供する」日本で初めての会社”です。 PC教材・絵カードなど・・・ぜひ覗いてみてください。

ぴろりんぱ

  • Author:ぴろりんぱ
  • 軽度の広汎性発達障害を持つ長男 中学2年 タロ。
    カンペキを求める男 疑ADHD次男 小学4年 ジロ。
    落ち着きのなさを子どもらしさキャラで乗り切るADHD 小学1年 サブ。

    の3人を育てる母。

    バツイチとなった母は余命を生きる体となりました。

    息子たちと私の『平和かつ平凡(?)』な日々。
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

↑ 『この木なんの木』も売ってます

↑ あ、あ、当たるといいな♪ 最近ロクな事ないし。

楽天で探す
楽天市場

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。