≪ 2017 04   - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - -  2017 06 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


続き




怒りが頂点に達してしまった私。


外で泣き喚くタロを裸足のまま車に乗せました。
そして、冷めた声で言いました。

「これからゲームセンターに連れて行く。そして、そこにおいていくから、あんたはゲームセンターの子になりなさい」



実は旦那はゲームに興味がないのでゲームセンターなど気付きもしなかったでしょうが、私は一軒知っていたのです。
24時間やっている複合施設を。
その時すでに10時近かったので黙っていたのですが、最後の手段に出てみました。






「そんな冷たい言い方するな!」


「冷たいも何もない。母さんはもうあんたの母さんやることを放棄する。ゲームセンターでゲームと一緒に生活しろ」

「そんなの無理に決まってるじゃないかぁ!」




タロは(それとも同じ障害を持つ子は皆そうなんでしょうか?)“謝るタイミングはここ!”というところで謝ることができない子どもです。

本当にあきれるというか、途方にくれます。

この日もここまでされても「ごめんなさい」という言葉は出てきません。



そんなタロに対して、怒りより今後のタロの生活の困難さが垣間見え、悲しさを覚えました。





「あああぁ、オレはもうおしまいだ」

タロが小さくつぶやいていました。



ゲームセンターのある建物に到着しましたが、駐車場には空きがありませんでした。
空くまでぐるぐる回っていました。




「ああああ、着いちゃったよ」

「あああ、おれは、もうダメだ」

「一人で生活できるわけないじゃん」




ずーーーーっと小さく呟いています。





駐車場が空いて、車を入れて停めました。




「ああああ、着いちゃったよ~」

タロがしくしく泣き始めました。








「たろ、今の自分のやったことの何が悪かったかわかるか?」

「うん」

「言ってみ?」

「ゲームはもうできないのに“やりたい”って言って泣いたと・・・なまいきな言葉使いをしたこと・・・」


わかってるじゃん。


「わかっているんだったら、もうこれからは、“泣いてもどうしようもないこと”がまたあっても今みたいに泣き喚くのは我慢できるか?」

「うん、我慢できる」

「よっしゃ、わかった」


そして、車を降りて裸足のタロを背負おうとしました。


「だまされないぞー・・・行ったらおしまいなんだ・・・」


と小さくタロがうなりました。

本気で置いていかれると思っているタロを見て、失礼ではあるけれど私は笑ってしまいました。



「タロは自分の何が悪かったかちゃんとわかってた。だから、今回はこれでおしまい。ゲーム一回やらしてやるから、おいで」



久しぶりに背負ったタロはとても重くなっていました。
でも、中身はやっぱりまだチビッ子なんだなあ。

複雑な重みでした。











私のやり方が正しいか間違っているかでいったら、きっと7:3くらいで間違いの勝ちだろうと思います。

発達センターの方にはこの話をしたら
「最後に確認させたことが良かった」と褒めてはいただきました。


対処として参考になるとしたらそこだけです。



とても疲れた一夜でした。








▼続きを読む▼

大変だったなぁ。
二人の偉い所は、お互い自分の悪い所が判っている事だと思う。

私も同じコレクター魂を持つ者として
大事にして欲しいー! ってのに激しく同意ですが~。
何が悪かったのかを
ちゃんと自覚しているんだもの。



きっと、我慢できる日が来るよ。

ぴろりんぱさんの熱い愛情がひしひしと伝わってきたわ♪

すげー、母ちゃん、すげー。

いや、タロ君もすげー。

真剣勝負。

読んでる婆さんは
「ああああ、着いちゃったよ」

「あああ、おれは、もうダメだ」

「一人で生活できるわけないじゃん」

この時点で真っ白なタオルを投げちゃうでよー。

でも、ここでタオル投げちゃったら意味ないんだよね。

さっ、今のうちに体力つけておいて24時間オープンのゲームセンターのリサーチしておくかな。

いや、うちのゲーム担当は確か爺さんだったな。
うちの息子も最近、ムシキングに凝ってます。
そして、タロ君と同じように毎日毎日、部屋に全部広げてはそのまま・・・。
はぁ~~~(ため息)

>「ゲームと一緒に生活しろ」
これきっと、私も言う(笑)
絶対言う。
でも、こういう比ゆ的な叱り方がなかなか理解できない子供たちなのよね・・・。
うちの息子だったら「うん、わかった・・・・しくしくしく」ってなると思うわ。
で、私も余計逆上。

タロ君は、自分の悪かったところをちゃんと理解して言うことができた。
ぴろりんぱさんは、そんなタロ君を受容した。

それってすごい。
・・・・今の私には無理かもしれないわv-393
りぐさんへ

コレクター魂を持った人間には子どもらの仕打ちはきついもんがあるよ(笑)

モリワキのバイクフィギュアは次々破壊(タロ&ジロ)・・・v-406
おだて豚やヤッターワンはしゃぶられまくり(ベベ)

もう、集めるなんてことはあきらめたほうがいいらしい・・・。

私の長男は絶対に子どもに障らせないようにしているらしいが(笑)
さすがに、それはできなくてなーーー。

って、コレクション話してるんじゃないわね(笑)


みちこさんへ

我慢できる日・・・来るかしらね・・・。

ふふふ。

今は押し付けがましい我慢を私に見せ付けようとしていますw

「う~~~~、やりたい! けど、だめだ、だめだ。だめって言われたもんな」

これに「あ?」とか反応してはいけません。
反応するとすかさず
「ムシキングやりたいけどだめなんだよね?」と聞かれます。
そして横からジロが「み、み、見るだけ~~~~~~~~」ときますw

たまに「じゃあ、見るだけね」なんて連れて行くと、必ずジロは「やりたいやりたいやりたいな~んで~~~~?」とうるさくなります。

「ジロ! やらないんだよ! ね? おかあさん?」
と聞いてくるときのタロの顔には「やっちゃ駄目?」と書いてありますよw

それでたまに許してしまいます。

何しろプチコレクターなんでw

レアカードの誘惑に負けてしまいます。



婆さんへ

この日は、静かに諭してもだめ、怒鳴りつけてもだめで難儀しました。

リングにタオルを投げ込まなかったのは、小さく呟くタロに内心ウケていたからです。
ウケつつ、(これが笑えるのはタロを知っている親だからだよな・・・)とか考えていました。

考えつつも、笑いをこらえておりましたw


mariさん


そうそう!
比喩表現を理解してくれないですよね。

「そんな生意気言うなら一人で生活しろ!」
「できるわけないじゃん!」
「できるわけなくないわい! 
そんだけの口きくんだから一人で生きろ!」
「うーーーーーーーどうしたらいいんだ・・・(呟き)」


そして玄関に向かう・・・

こらこら!

違うだろうよ!

「どこ行く気だ?」
「だってお母さんが出て行けっていうから・・・」



うちも通じません~~~~~~。


この日タロを許すことができたのは
「もうオレはおしまいだ・・・」の呟きが、ちょっと私のストライクゾーンだったからだと思いますw


この記事へコメントする















『いい婆さん』の作った“「必要なものを必要なだけオーダーメイドを安価で提供する」日本で初めての会社”です。 PC教材・絵カードなど・・・ぜひ覗いてみてください。

ぴろりんぱ

  • Author:ぴろりんぱ
  • 軽度の広汎性発達障害を持つ長男 中学2年 タロ。
    カンペキを求める男 疑ADHD次男 小学4年 ジロ。
    落ち着きのなさを子どもらしさキャラで乗り切るADHD 小学1年 サブ。

    の3人を育てる母。

    バツイチとなった母は余命を生きる体となりました。

    息子たちと私の『平和かつ平凡(?)』な日々。
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

↑ 『この木なんの木』も売ってます

↑ あ、あ、当たるといいな♪ 最近ロクな事ないし。

楽天で探す
楽天市場

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。