≪ 2017 04   - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - -  2017 06 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


幼稚園に入園した長男は相変わらず上履きに履き替えることをしなかった。


引越し前はたまにはできていたのに、全くしなくなった。


いつも一人だけ教室に残って折り紙をしたりしていた。
引越し前の保育所での園長先生の「いつまででも一人で遊んでいるお子さんでした。やっと最近、先生が声をかけたらみんなと外で遊んだりするようになったところだったんですよ。だから残念」という言葉が思い出された。


一人で遊ぶことはそんなにかまわないが、みんなが散歩に行って教室に誰もいないのに平気で一人でいる?

少しは人と遊ぶようになっていたはずなのにまた逆戻りしている?


更に、毎日のようにパニックを起こすようになった。
ささいなことでも自分の思い通りにいかないと暴れだす。
落ち着くまで待たないと、興奮している間は何を言っても聞こえていないような状態。


どこに相談にいっても「問題ない」と言われた息子だったが、担任の先生があきらかに疲れていることが解った。


そして、また新たに相談に行き始めたのだが、やっぱり「のんびりさんだけど問題ないでしょう」と言われるのだった。
そんな「育児相談」に月1回ペースで行ってみたが、埒が明かなかった。



何も改善されない。



私は少し焦り始めた。
どこに行っても「問題ないでしょう」の後に付いていた「小学校上がるまでには出来るようになりますよ」の“
小学校入学”が近付いてきているというのに、息子は少しも変わらない。


私はかかりつけの小児科の先生に、「こちらで子どものADHDなどの診断を受けるとしたら(当時はADHDと自閉症位しか知らない)どこに行ったらいいんでしょうか?」と聞いてみた。
「うーん、とりあえず〇〇(市の施設)かなぁ。誰が掛かるの? お兄ちゃん? え~? 問題ないんじゃない?」(専門家ではないにしろ小児科の先生にまで…)


ということで、最初に障害のことを認識するきっかけとなった施設にとうとう、というかやっと、というか行くことになる。


1歳半検診から3年経っていた。


ここでやっと具体的な対処など相談したり指導を受けたりすることになる。
スポンサーサイト


この記事へコメントする















『いい婆さん』の作った“「必要なものを必要なだけオーダーメイドを安価で提供する」日本で初めての会社”です。 PC教材・絵カードなど・・・ぜひ覗いてみてください。

ぴろりんぱ

  • Author:ぴろりんぱ
  • 軽度の広汎性発達障害を持つ長男 中学2年 タロ。
    カンペキを求める男 疑ADHD次男 小学4年 ジロ。
    落ち着きのなさを子どもらしさキャラで乗り切るADHD 小学1年 サブ。

    の3人を育てる母。

    バツイチとなった母は余命を生きる体となりました。

    息子たちと私の『平和かつ平凡(?)』な日々。
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

↑ 『この木なんの木』も売ってます

↑ あ、あ、当たるといいな♪ 最近ロクな事ないし。

楽天で探す
楽天市場

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。