≪ 2017 09   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -  2017 11 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


本日はタロの個人面談だった。



どうも、プチ?パニックは多いようだ。

パニックが始まるとなかよし学級に連れて行って話をするらしい。


なんだかなー。


前の学校じゃそんな、連れ出さないといけないような状態はあんまりなかったんだがなぁ・・・。


「算数が難しくなってきて、ついていくのが難しくなってきている」と。
で、みんなが先に終わってしまって次に進んでしまうと

「みんな待て!もう一回最初ッから!」

が始まってしまうらしい・・・。



参ったな。

とりあえず私に余裕があれば予習なんかしてみようかなと思っているのだけど。


私自身が子どもの頃予習なんかしたことのない人間なものだから、自信なし。
すまん、息子よ。


タロは口が達者になってきているので、1対1だと先生も感情が高ぶる可能性があるので話をするときは二人体制にするらしい。

それって高ぶって何かあったってことなんじゃない?


ま、親でも『カッチーン』とくることが多々ありますから。さもありなん、と思うが。


「校長、教頭も事情は理解して、学校全体で見ていきたいと思っています」

ややや、話が大げさになってきたような・・・?















で、本音。








なんだろう、なんであの先生と話してると、のどに小骨が引っかかってるみたいな違和感があるのかしら?


う~~~~~~~~ん。


考えてみた。










なんとなく、上からもの言われてるような?


あと、そう、不安要素の話ばかりで、いいとこの話がほとんどなかった!








そういう目でタロを見ているのかしら。


なんかなぁ・・・。














いや~・・・なんかなぁ・・・・・微妙・・・・・。

スポンサーサイト


なんだかとっても人事とは思えないっす。

その先生、「ちゃんとできて当たり前」的な感じなのね。
先生の価値観で「当たり前」のことは褒めないんだよね。だから問題行動ばっかりに目がいってしまうのかな・・・。
プチ・パニックのときも、周りが大げさに反応すると本人も収集が付かなくなるよね。そんな感じなのかな~~。
一対一で話すと感情が高ぶるからって・・・・・う~~~ん・・・・・・。

タロくん、負けるな~~~フレーヾ(゜▽゜ゞ)( シ゜▽゜)尸_フレー
担任曰く、(その日も薄ピンクのTシャツを着ていたヤングメン)
「タロさんはそういう子だから・・・」という風にはしたくないんです」と言っていて、ほうほう、とは思うんだけど、今、明らかになんかうまくいってないよな?
と。

だって、パニクって、別室に連れていって、担任が教室に戻る(タロは他の先生と話して)と
「タロはどうしたんだ」と聞かれる、そのとき
「タロは授業中に大声を出したから別室で叱られている」
と説明するそうで。
そう説明しないと他の子ども達が納得しないので、
って、それって、イジメの感覚に近いものを他の子の感情に植えつけてる気がしないでもないのですが。
叱られるタロを想像することで納得するんでしょう?
なんか、全体的に納得できるような、出来ないような話が多かったような気がします。

>周りが大げさに反応すると本人も収集が付かなくなるよね。そんな感じなのかな~~。


多分、まったくその通りだと思います。
でも最近ちょっとはなじめてきているようなので、
カミングアウトの覚悟はしつつ、もう少し見守ってみようかと思っています。
お~~~す!!

>「タロは授業中に大声を出したから別室で叱られている」

これってさ、
タロ殿が「悪いことをした」
「叱られるようなことをした」
ってことにしているよね。

少なくても他のお子達はそう納得しているはず。

これは、やっぱし良くない気がする。

なぜって、友達もそうやって納得していくことによって、
タロ殿の「良い所」を見つけられにくくしているんじゃないのかな?

先生からも友達からも褒められなくなるような気がするんじゃ。

褒められなくなると意気消沈ばっかりでつまらなくなるんじゃないのか?

わしだったら「ちょっと気分が悪くなったのでお休みしに行った」
と伝えたい。
あながち間違えじゃないじゃろ?

>「タロさんはそういう子だから・・・」という風にはしたくないんです」

言ってくれることとやってくれることがどっかズレている気がするのはわしだけかな?

先生もかなり戸惑っておられる気がする。

どう戸惑っているのか?を話してくれる方が親はありがたいんだけどね。

小骨は厄介じゃな。

夏休みをたくさん楽しんで欲しいな。




どーも、ステラです。

いま、私は学校に対して、非常に厳しい感情を持っているから、冷静なことはいえないけど、その先生、杓子定規じゃない?

子供に合わせた対応をしなくてはいけないのに、自分に合わせさせようとしていないかな?

はっきり申し上げますと、クラス運営は、ケアが必要な子にあわせていくべきです。そうすると、力のある子が先生のサポートに回ってクラスがうまくいく。

そんなことが分からないようじゃ、先生にはならないでと言いたいです。

過激でしょうか?
小骨がね。
やっかいなんですよ。

この先生、いろんなとこで私書いてるんだけど、
「僕も専門に勉強してますから」
って言うから、言い出しにくいんだよね。

やっかいです。
↑にも書きましたが、
この先生、専門に勉強してきたことと、
特学の担当だった経験もあることで頭でっかちになっているところはないかなあなんてちょっと思ったりもするんですが、
今のところ、言ってることは納得できる内容なので、もう少しおまかせしてみようかと思っています。
なにしろ私も経験値が低いので、HPも低いんですよね。
簡単にかわされるのです。
ぴろりんぱさん、

専門家って、専門に勉強していることの限界を知る者のことを指すのではないでしょうか。

ベテランは必要ない、
私に必要なのはトップランナーだけ。

自閉症にしても、他の障害にしても、病気にしても、精一杯やってもここまでと言うことが、ものすごく近い未来には、あっさり覆されていくんです。

過去の専門知識を溜め込んで、
威張るんじゃない。日進月歩。
先生なんだから、自身の能力の限界を乗り越えていくこと、
これが正しい専門家&教育者の姿勢です。
うーん、深いことをおっしゃいますね。

そういうことに気付く教師はそんなにいないんでしょうかね。

本当につくづく、前の学校では担任に恵まれたんだな・・・と思います。


>そういうことに気付く教師はそんなにいないんでしょうかね

意地悪な見方をすれば、
分かっているから、言わない。

できないことをそれでも手を伸ばして、子供と一緒にがんばる先生であれば、

>専門の勉強がどんなに足りないか、先生としての自分がどんなに力不足が実感しているはず。しかも、自分の力量不足を認めないと余計に生徒を責める…。

どんな子でも、基本は、しっかり抱きしめて育てるのが大事なんじゃないかな。
直接やれとは言わないけど。
この記事へコメントする















『いい婆さん』の作った“「必要なものを必要なだけオーダーメイドを安価で提供する」日本で初めての会社”です。 PC教材・絵カードなど・・・ぜひ覗いてみてください。

ぴろりんぱ

  • Author:ぴろりんぱ
  • 軽度の広汎性発達障害を持つ長男 中学2年 タロ。
    カンペキを求める男 疑ADHD次男 小学4年 ジロ。
    落ち着きのなさを子どもらしさキャラで乗り切るADHD 小学1年 サブ。

    の3人を育てる母。

    バツイチとなった母は余命を生きる体となりました。

    息子たちと私の『平和かつ平凡(?)』な日々。
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

↑ 『この木なんの木』も売ってます

↑ あ、あ、当たるといいな♪ 最近ロクな事ないし。

楽天で探す
楽天市場

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。