≪ 2017 08   - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017 10 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


カテゴリに「次男のこと」が追加されるかもしれない。

とりあえず次男の今までのことなんか、書いてみようと思う。



次男は助産院で普通に陣痛がきて、何のトラブルも無く、夫と長男に見守られて生まれた。


今思い出しても、3人の子どもの中でも1番恵まれたお産だったと思う。

発育がのんびりだった長男と比較してしまえば、全く何の問題もなく順調に成長してきた。

身体の発達の遅れも言葉の遅れも無い。





気になっていたことはただ1点。

すぐ親の視界から消えてしまうこと


長男の通っていた幼稚園は、お迎えの時間後も、子ども達が遊べるように園庭を開放していた。
園庭は広く、梅や栗の木がたくさん植えられており、死角も多かった。

次男はここでよく行方不明になっていた。
行方不明というほど大げさではないかもしれないが、
“そこにいるな”と確認してほんの一瞬目を離した隙に消えてしまい、他のママさんたちと大声で名前を呼ぶことがほぼ毎日。

しまいには長男のクラスの子に「弟君、あっちにいたよ」と連れてこられることもあった。


長男のスイミングに付き添いすれば、1時間以上次男を追いかけることになるため、
長男の様子も見られないし、ぐったりする。
着替えている間にも逃亡するため、しまいにカウンターの姉ちゃんから
「ちゃんと見ていていただかないと困ります」と言われてしまった。

そして、親とはぐれているのに全く平気だった。



長男が某国立病院児童精神科に行き始め、ADHDのチェックシートを書いていたとき、
長男より次男に当てはまる気がして不安になり、担当の医師に相談してみた。

う~ん、まだ2歳ですから・・・ちょっとわからないかな? 
もう少し大きくなってから何か(問題が)出てきたら受診すればいいんじゃないかな


と言われた。



ある日、家族で買い物に行ったときのこと。

私はアンケートに協力し、夫が子ども二人を見ていた。
次男は、また夫がほんの一瞬目を離した隙に走り去ってしまったらしい。

長男もスーパーでは逃亡する子だった。だが、彼の行く場所はたった一つお菓子売り場のみだった。

次男は違った。
はぐれても、あまりお菓子売り場にいたためしがない。


その日は、とうとう自力では見つけることができず、店内アナウンスまでしてもらい、店の人まで巻き込んで店内を大捜索した。

結局次男は、スーパーから数店離れた100円ショップで、店内アナウンスを聞いていて
偶然その後そのお店に立ち寄ったご婦人に保護されて戻ってきた。


見知らぬご婦人に手をひかれた次男は満面の笑顔だった。



この事件から、私は次男に対し不安を持つようになる。



不安になっては打ち消し、不安になっては打ち消し。


そして、この春幼稚園に入園した。


続く。

スポンサーサイト


>長男のスイミングに付き添いすれば、1時間以上次男を追いかけることになるため、
長男の様子も見られないし、ぐったりする。

あはは、そうなの。(苦笑)
今まさに実感中。
とにかく一つ同じところにいられない。
放って置くと外へ脱走。
母親の存在関係なし。
私はいつでもどこでも次男の背中を追い続ける長距離ランナー。

いつまで続くのかと不安になるけど、
みんなが言うには、多動は落ち着く子もいるらしいね。

障碍があるか否かを悩んで、
ぴろりんぱさんのように、
不安になっては打ち消しの毎日で
前に進めない時があったけど、
障碍があってもなんとかなるさと、
楽観視するのも大事なんだなぁっと、
最近になって頭では分かるようになってきた。

でも、多動は体力無い私にはキツイ。
今時点で、なんともならんのは私の体力だった。
若く強い母でいなければ。

こどもの笑顔があれば何とかなるよ。

笑顔を絶やさないようにがむしゃらになって
親が環境を良くしてあげようと言ってるんじゃないよ。

お母さんだって、辛い時は泣いてもいいんだから。
ちっとも笑わない時なんてないでしょ?
こどもに癒されてるって、結構ある。
こどもは元々明るい存在。
自然に受け入れられるようになるって。
人の感情を読める子供達だったら、
きっと将来、お母さんを支えてくれるいい息子達になるよ。
そう、信じよう・・・・か。



せっかちでごめん、続きが早く読みたい。
続きっつっても、もうあとは最近のことだけだから、そんな、たいしたことないから(笑)


でも、書いてて思い出したよ~。

プールの付き添い、ほんとしんどかった。
途中からは見るところの後ろにブロックが置かれるようになったんだよね。
そしたら、30分くらいはそこにいるようになったから、すこ~~~~~~~しだけ楽になったんだけど。

1時間ってこんなに長いのか!っていつも思ってた。

そして次男とベビースイミングでプールに入ってみると
プールの1時間ってあっという間じゃん?!
と思っていたよ。

まだ相談の日取りとか、全然連絡ないんだけど、どうなってるかしら?

この記事へコメントする















『いい婆さん』の作った“「必要なものを必要なだけオーダーメイドを安価で提供する」日本で初めての会社”です。 PC教材・絵カードなど・・・ぜひ覗いてみてください。

ぴろりんぱ

  • Author:ぴろりんぱ
  • 軽度の広汎性発達障害を持つ長男 中学2年 タロ。
    カンペキを求める男 疑ADHD次男 小学4年 ジロ。
    落ち着きのなさを子どもらしさキャラで乗り切るADHD 小学1年 サブ。

    の3人を育てる母。

    バツイチとなった母は余命を生きる体となりました。

    息子たちと私の『平和かつ平凡(?)』な日々。
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

↑ 『この木なんの木』も売ってます

↑ あ、あ、当たるといいな♪ 最近ロクな事ないし。

楽天で探す
楽天市場

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。