≪ 2017 09   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -  2017 11 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


最近、長男にはことあるごとに「それをされたら相手はどう思うか」を考えさせている。

「そんなの当たり前のことじゃないか」

と思う人もいると思う。

でも、私は今までそう思っていなかった。



私の夫は、私が
「私の気持ちも考えてみてください」
「私の立場にも立ってみてください」
といくら言っても
わかりません
と言って終わる。
そして自分の意見を通そうとする。


“こんなに人の気持ちがわからない人間がいるなんて・・・”

とショックを受けながらつい最近まで生活していた。


だが、最近気付いた。

夫は人の気持ちが“わからない”のではなく“わかろうとしない”或いは“わかりたくない”のだ。
相手の気持ちがわかってしまえば、相手に配慮しなければいけなくなる。
そうすると自分の言い分を通せない。
だから。






私はずっと、長男には障害があるから“相手の気持ちを考える”ことなんて無理なんだと思っていた。

他人の気持ちがわからない という夫のような人間もいるんだし、なおさら息子には無理だろう、と。

だからいちいち考えさせず、相手の気持ちを解説していた。




NHKの「みてハッスル きいてハッスル」を何度か見たとき、違和感を覚えた。

「どうするゆうきくん」というコーナー。

いつもゆうきくんは衝動的に何かをしてお友達をおこらせたりする。
そして一回一回、「もしもゆうきくんがこうだったらどう思う?」と考えさせているのだ。

私はずっと、「それができたらPDDじゃないだろ?

と思っていた。


だが、夫のことで「この人はわからないんじゃなくてわかりたくないんだ」と気付いたとき、
同時に「息子を同じにしてはいけない」と思った。


息子は、今のところ、幸いというべきか、「どう思う?」と聞くと「いけないと思う」などと答えるようになった。
更に、自分がされたことに対して「寂しかった」などと、自分の思いを言葉にできるようになってきた。
(今までは言葉は生意気なほどだったが、自分の気持ちの表現はへたくそだった)


人は一人では生きていけない。

誰かと共に生きるには、人の気持ちを慮るのは出来れば必要なこと。

人の気持ちを考える力が息子にあるのなら、下手すると息子には勉強よりもメインに教えていかないといけないことかもしれないと思っている。

親は子より先に死ぬもの。

生きている今のうちに、人として教えないといけないことを、きちんと教えていきたい。


まあ、私もそんな立派な人間じゃないんで、たいしたことは教えられないが。





▼続きを読む▼

母の一大決心だね。

「みてハッスル きいてハッスル」は
自閉症協会の掲示板でも紹介されていたくらい
ソーシャルスキルを学ぶにはとてもいいみたいね。

視覚的にも頭に入りやすいし。

健常児向けに作ってあるのかな?

ってことは、
最近のお子達は、
日常生活の中から、
ソーシャルスキルを会得しがたい子が増えているってことなんだろうな。


家庭が社会の縮図・原点だから、
わしもふんどし締め直して、
子どものお手本にならなきゃな~。

う~む、考えさせられたよ。

「みてハッスル きいてハッスル」は高機能自閉症とかADHDとかLDの子をメインの対象にしているみたいだよ。

と、去年始まった頃に人に教えてもらっていた。


でさ、去年の夏休み、長男に見せようとしたわけでなく、偶然数回見たんだけど、
「手紙を書きたい」と言い出すほどはまったよ。

驚いた。


いまは「わたしのきもち」を見せたいと思ってる。
どうかな~。
ぴろりんぱさん、こんにちわ~♪

男の人って、多かれ少なかれ『他人(特に女性)の気持ち』を解ろうとしない傾向が強いみたいで。
まぁ、うちの相方もそのクチですが(汗)。
女性よりも共感性に欠けている、という話もあるくらいですし。

でも『協調性』は必要だと思うし、そのためには『相手の気持ちを知ろうと興味を示す』ことって大事だと思います。

大きな子供と、本当の子供を抱えて大変だと思いますが、あまり気負わずにがんばってください。
心から、応援しています☆
おおおおおお~~~い。

深みから這い出してきたわい。
心配ありがとさんよ。

伝えられるさ・・他人の気持ちを考える力。

成果は経過の上にある。
まずは、経過とどう親が関わったが重要なんじゃないかと思う。
今、わしらにできることはまずは
どう関わったか?の経過報告なのかもしれない。

うちのすーさんは、まず「人を知る」前に「人を見る」ことを
伝えてやらなきゃあかんと思っておる。
お、いい婆さんがいらっしゃる。
久しぶりね~。

今日は検査してきたんだよね。

大丈夫かなぁと思ってさ。

んじゃ。
『引っ張るな 伸ばさんでくれ 母の乳』
ぴろりんぱさんが詠んだ俳句なのかと思ってしまった・・・。(失礼!)

私は、ぴろりんぱさんの三人の息子さんの母親がぴろりんぱさんである事が、
三人の息子さん達にとって、凄く意味がある事で。
幸せな事なんだと思うよっ♪
・・・。
なんかいつもトンチンカンなコメントですんません(汗)
『引っ張るな 伸ばさんでくれ 母の乳』
これも、前の句もぴろりんぱさんの別HNで投稿したものでしょう?

かなり共感。
して、かなり悲哀たっぷり。

年の波には勝てませんね。
私も一句、詠んできました♪
そっか~! やっぱ、ぴろりんぱさんだったか(喜)

皆様コメントありがとうございます。


nie様

もうね、大きいお子様のお世話に疲れてしまいました。
高校生の頃のあだ名が「少年」だった と聞いた時点で気付くべきでした。

あははははははは。

笑うしかないや。



いい婆さん様

すーさんの体調はどうですか?
うちの三男坊も風邪引いて熱出しました。
ついこないだも風邪引いて熱出して、やっと治ったとこだったのに。

良い住処が見つかるといいね!


みちこ様 ふたば様

ぐふふ、気付いてくれてありがとう~。
俳句ブログ、登録したはいいんだけど、
俳句なんてあんま作ったことないし
変則は許してもらえなくって575にしないといけなくって
難しいよ~。

おふたりもいかが?
 初めまして!やすみんです。
しずかさんのホムペから遊びにきました。


明るくて良いお母さんしてますね。
私も3児のハハ!そして2児のババです。
生きる上でいろいろと障害はあっても、真っすぐに向き合う姿勢は美しいです。


 人は障害にぶつかって初めて物を考えます。どうやったらキレイに出来るかな?どうやったら早く出来るかな?
考えることで成長します。私も子供と夫に育てられました。


 三つ子の魂百までって言いますよね。でも人間ですもの~努力次第で変わりますよ。
私も30年近くかけて「理不尽大魔王」の異名をとる夫を変えちゃいました。
もうや~めた!!って言いたいことも一杯あったけど、途中で止めたら負けを認めたような気がして・・・
私も、理不尽大魔王に負けず劣らずの頑固者ですから~信じた道を歩いた結果は誰にも曲げることは出来ません。


 もっと若い頃にぴろりんぱさんのような方とお知り合いになってたら、もう少し優しくて可愛いおばあちゃんになってたかも~??
3歳と5歳の孫にも、考える力と勇気を持った人になってもらいたいです。
 
やすみん様

コメント、ありがとうございます。

お孫さんもいらっしゃると言うことはもうすでにお子さんをご立派に育て上げられたということですね。

人生の先輩から暖かいお言葉をいただき、本当にうれしく思います。

努力しだいで変わりますか?
そうかもな~と思いつつ、やっぱり、根性が足りないんですね、
スパッと明日から変わってくれ!
なんて思ってしまったりもしてしまいます。

でも、『途中で止めたら負け』というのも、今まで自分を奮い立たせるときに使ってきた考え方だったので、(すっかり忘れていました(笑)
“今放ってしまったら負けかも?!”と思うとやっぱり考えてしまいますね。

含蓄あるお言葉ありがとうございました!


“もっと若い頃に・・・”なんてとんでもないですよ!
HP見させていただきましたが、とても明るい方なのだろうとTOPの写真を見て思いました(笑)
私なんて、中身を知ってる人からは「実は案外暗いよね」と言われてしまいます。
まだまだ修行がたりません。

また、よろしければ見にきてください。

私も、こっそり覗きにいかせていただきます。




ところで、すいません、しずかさんって、私存じ上げないのです・・・。

やすみんさんのところから見た感じだと、アフィリエイトとかで何かあるのでしょうか?

実はよく仕組みがわかってなくって・・・。

よろしくお伝えください(?)




 しずかさんは横浜のホステスさんです。ブログのこととか~お水談義とかで主人が数年前からいろいろ教えていただいてます。
私はまだ3ヶ月くらいしか経ってないので~それこそ何が何だか判りません。こちらこそヨロシクです~

 みんなからは何も考えてないと思われてるくらい超明るい私ですが、人に言えない悩みとかもあります。・・・ほんとにあったかな???

 今は着物を着て銀座のママ業に専念してますが、つい1年半前までは昼間も働いてました。

 辛くなると逃げたい衝動に駆られてましたが、逃げたからと言って楽にはなりなせん。逃げたと言う負い目ともろもろの苦労を考えたら「同じ苦労ならここで・・・」と自問自答を繰り返してきました。

 主人からは「あえて火中の栗を拾う人」なんていわれ~「誰がこんな状況にしたんじゃい!!」と怒りつつここまで走り続けてまいりました。

 ぴろりんぱさんとは状況も何も違いますけど、似たような物を感じたものですから。

 紙にも裏と表があるように、人間は皆陽のあたっている部分と陰になっている部分を持っています。表裏一体です。
百人が百人悩みが無い訳ないでしょう~?
いかにも恵まれているかのように見える方もいらっしゃいますが、若貴みたいにある人にはある人の悩みがあります。

 現状をどう生きるかです。頑張りましょう~!!
この記事へコメントする















『いい婆さん』の作った“「必要なものを必要なだけオーダーメイドを安価で提供する」日本で初めての会社”です。 PC教材・絵カードなど・・・ぜひ覗いてみてください。

ぴろりんぱ

  • Author:ぴろりんぱ
  • 軽度の広汎性発達障害を持つ長男 中学2年 タロ。
    カンペキを求める男 疑ADHD次男 小学4年 ジロ。
    落ち着きのなさを子どもらしさキャラで乗り切るADHD 小学1年 サブ。

    の3人を育てる母。

    バツイチとなった母は余命を生きる体となりました。

    息子たちと私の『平和かつ平凡(?)』な日々。
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

↑ 『この木なんの木』も売ってます

↑ あ、あ、当たるといいな♪ 最近ロクな事ないし。

楽天で探す
楽天市場

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。