≪ 2017 09   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -  2017 11 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


長男が先生に手紙を渡したいというので
ちょっと今日、学校へ先生に会いに行きまして。


先生が息子に「“調子に乗らないように”じゃなかったんだっけ?」
息子「うん」





訂正します。




「おれがいなくなっても



















調子に乗らないように

いい気にならないように。


















すいません先生、それはどっこいどっこいです。
スポンサーサイト


お、親の顔が見てみたいーーーっ。(失礼なやつ!)
かなり、いけるーーー。
おばちゃんを笑わせないでくれーーー。
ひぃぃぃ~~。腹がよじれるぅ~。
調子に乗らないように
    ↓
いい気にならないように。

の方が番長っぽいぞ♪


再度!! 
惚れましたぞ~(* ̄▼ ̄*) デヘヘ
みちこしゃんへ


-○-○-
 ^
↑こんな顔。

今度見に来て。
うそ。


ふたば 様

おお! タメのふたば様!

そんな番長息子ですが、今日は友人のとこの3年生と口論して(当然勝ち目なし)自分がいやだと思うことを言われたのに謝ってもらえないので、ラーメンを口からボロボロこぼしながら泣いておりました。

息子の性格をわからない子とだといつもこんな感じ。
麺を口からボロボロしながらそれでも「僕が~」と泣く姿はちょっと番長には程遠い・・・。

思い通りにいかないと泣いてしつこく抗議する・・・。
だから「我が侭」って言われちゃうんだよね。

息子にも相手の子にもなんて説明したらよいやら、難しいです。





『我が侭』
って言葉を知らないわたしゃ、思わず検索しちゃったよ~。 はっはっは(*^▽^*)ゞ

自分が嫌だと思う事を言われたら、おばちゃんでも頭にくる!!
言った相手に謝って欲しいって思う!!
長男君が泣いて訴えたくなる気持ち、よ~く解るヨッ☆
おばちゃんも子供の頃に、よく悔し涙を流したもんサ☆

でもそんな時、おばちゃんは、人が嫌だと思うことは言わない事にしようって思ったよ~(#^.^#) エヘッ

長男君は、自分が嫌だと思った事を相手に言わない、言ってしまった時には謝れる人になればいい♪

・・・・。
訳わかんない事言ってるねぇ~。私。

でも、長男君は自分勝手な事を言って泣いてる訳じゃ~なく、自分がいやだと思った事を謝ってもらえない悔しさを訴えて泣いている。
難しいね・・・。そんな時、何て言えば長男君にうまく伝わるんだろうね・・・。
私の性格上、3年生の友達の子供には、
『もし○○君が、いやだと思うことを人に言われたらどう思う?
そんな時、○○君ならどう言って欲しいかな~?』
って、友達の子供にも言ってしまうと思う・・・。
人の子でも黙っていられないわ・・・。
我が子は正しいんだもの♪
はっはっは!!

でも、子育てってそんな簡単にはいかないんだろうね・・・。

う~んっ・・・。

ぴろりんぱさんのお子さんは、とっても素直で素敵ですよ♪
ラーメンを口からポロポロこぼして泣いてる君も大好きだよっ(@^_^@)ポッ




あるよね、『しつけ』と、『障碍』のはざ間で
どう対処したらいいかわからなくなること。
『わがまま』にみえる『癇癪』も『ヒステリー』も親のしつけとは裏腹に、何度言い聞かせても
なんともならないんだよね~。
子供にしてみれば、納得いかないことで
『泣く』ことは、当たり前なんだけど、
それがいつまでも泣かれると、『わがまま』に取られちゃうんだよね。
ついつい、私、
「いつまで泣いてるのーーっ!」とぶち切れです。ホントに、些細なことでヒステリーを起こすので参っちまいます。
甘やかしていると思われたくない。
甘やかしているつもりもないんだけど、
きっと、事情を知らない人は、「わがまま」とか
「しつけがなってない」とか、思うんだろうな。
実際言われたけどね。「温室育ち」だとか、「もやしっ子」とか、「親が甘い」とか。
子供の気質なんだよーーーっと、心で叫びながら、いつも苦笑いです。
この記事へコメントする















『いい婆さん』の作った“「必要なものを必要なだけオーダーメイドを安価で提供する」日本で初めての会社”です。 PC教材・絵カードなど・・・ぜひ覗いてみてください。

ぴろりんぱ

  • Author:ぴろりんぱ
  • 軽度の広汎性発達障害を持つ長男 中学2年 タロ。
    カンペキを求める男 疑ADHD次男 小学4年 ジロ。
    落ち着きのなさを子どもらしさキャラで乗り切るADHD 小学1年 サブ。

    の3人を育てる母。

    バツイチとなった母は余命を生きる体となりました。

    息子たちと私の『平和かつ平凡(?)』な日々。
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

↑ 『この木なんの木』も売ってます

↑ あ、あ、当たるといいな♪ 最近ロクな事ないし。

楽天で探す
楽天市場

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。