≪ 2017 07   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -  2017 09 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


友人が、離婚の危機と聞いた。

なんとか、思い直して欲しいと思う直後に、

「あ、自分だって人のこと言えない状況なのに」

とか思い出す。


うちだって皮一枚でつながっているようなもの。

いや、旦那はそうは思っていないかもしれないが。


それでも、自分以外の人には、あまり辛い思いをして欲しくないと思ってしまうのは、偽善というものなのだろうか。

なんとか、不幸な思いを回避してほしいと思ってしまうことは、相手にとってはあまり有り難くないことかもしれない。



辛い声を聞きたくないから、幸せでいて欲しいと思うなんて、こちらの都合でしかないか。



自分が今辛いから、人の辛いことを聞きたくないだけなのだろうか。


“辛”と“幸”って棒1本の違いなのになんでこうも違うんだろう。


20050321064801

スポンサーサイト


ぴろりんぱさんがお友達に「なんとか思い直して欲しい」と思う事は、きっと偽善なんかじゃないよ。
今自分が置かれている状況に対して、離婚した方がいいとは思っていない=離婚したくないという気持ちの表れではないのかな?

私も離婚したいと思ったことあるよ。
それも1度や2度じゃない。
本当に離婚届けを書いた事もある。

だけど、あの時踏みとどまって良かったと、今は思ってるよ。

夫婦と言えども一心同体ではないから、夫との価値観の相違には心が痛む事もある。
子供と自分だけの時間が増え、一人忙しくて協力してもらえないとイライラしたし、「こんな夫(父親)なら、いない方がいいんじゃないの?というより、いないのと一緒だな。いや、むしろいない方が楽かも」とも思った。
ぴろりんぱさんの今の気持ちとはちょっと違うかもしれないけどね。

人を変えるのは難しい。
ましてや、じっと待っていて変わってくれるのを期待するのは、もっと難しい。
だけど、離婚はいつでも出来る!と思いなおし、夫に語りかけた。決して怒らずに。あくまでも冷静に。それこそ、小さい子供に言ってきかせるように、ひとつずつひとつずつ、自分の気持ちや、子供の様子、生活の状況などを話した。
そして、最後に言った。当時はayuが3歳だったなぁ。

「ayuは、雨が降ると『おとうさん、あめふってたら、おしごとかわいそうだね。だいじょうぶかなぁ。』って言うんだよ。こんなに小さな子供でも、あんたの事を心配してくれてるんだよ。
なのに、今のあんたは自分の事しか考えてない。
娘に恥ずかしいとは思わない?」

泣きながら、でも穏やかに話すと、夫も泣いていました。何かに気付いてくれたような気がしていましたが、それからはとても優しくなりました。
それと同時に、今まで子育てで精一杯で、夫の悩みや気持ちに気付けなかった自分がいたことも知りました。

ケンカせずにちゃんと話すことで、初めて相手の気持ちを知ることもあるし、分かり合える部分も大きい。
それをせずに答えを出すのは早いような気がするよ。
辛い事は辛いと言おう。
思いをスーッと真っ直ぐ一本吐き出したら、ほら、『辛』が『幸』に変わるよ!(^ー^)

相変わらずの長レスごめんね…反省の色なし…だな(^_^;)



ありがとうございます。

うちの旦那は私がどんなに言っても、泣いても叫んでも、なんともないみたいで。

話し会っている時は苦悶の表情を浮かべたりするんですが、「結局は出て行きやしないんでしょ」みたいな感じです。

今回も、いっぱいいっぱいだってことを言ったんですが、うやむやにしてやり過ごそうとしているようです。


なんだかんだで踏ん張ってこの生活を続けることが子ども達にとっては良いことなのかなあと、思ってなんとかやっていこうとは思っているのですが、冷めてしまった感情って、どうも、どうしてよいやら、自分でもわからない。
のが今の状況です。

>思いをスーッと真っ直ぐ一本吐き出したら、ほら、『辛』が『幸』に変わるよ


こんな風に、「足す」ことを考えるようにならないといけないなあとは思うのですが、なかなかうまくいかないですね。
「足りない、足りない」言ってるようじゃあダメなのに・・・。いかんですね。


ちょっと落ち込んだら、あとはナントカ浮上するようにしますね。

ありがとうございました。

ご近所さんの ぴろりんぱ殿へ

お~~~い、まだいるか?
まだいるなwww
よしよし。

他の人には辛い思いをしてもらいたくないなぁ~と友人に対して思うことは偽善でもなんでもないとわしは思うぞよ。

それは友へのエールでもある。

わしは離婚経験者である。
今では、離婚を機に交流がなくなってしまった「親友」にわしの最初の離婚の決意を話した時、「婆さんがそうしたいなら無条件で応援する」と言われた。
それだけで嬉しかったよ。

もし、「婆さん、離婚なんてやめてくれ」と言われても嬉しかったよ。

友からの心が入っている言葉はそれだけで嬉しいはずじゃ。

わしは、「幸せになりたい」から離婚したのじゃ。
自分が「幸せになりたい」などと公言したのはその時が初めてじゃった。
子なし夫婦じゃったから自分を想いを通すだけじゃったがそれでも離婚への道のりは長く苦しいものであった。

やっぱり最後に決めるのは自分以外の何者でもないのじゃ。

わしも親友と同じように「ぴろりんぱさんがそうしたいなら無条件で応援する」ぞよ。

浮上するのもよし・・・なんでもよか。
ぴろりんぱさんが幸せになるなら心から応援する。
そして、辛いなら話を聞くよ。

婆さんにはそれしかできないからのう。

皆さん、離婚を考えたこと・経験もあるんだね。
私も勝手にひとりで鬱になって実家に帰ろうと決意したことが何度かあります。
でも、子供は、お父さんも必要としているのが分かったし、どうしようもなかった。
苦しい気持ちを訴えても、空振りだったので、
自分を変えようと努力もしました。
でも、自分は変わっていません。(カクッ)
何が変わったかと言うと、
ただ時間が解決してくれたってことかな。
旦那と知り合ってから、20年近く経ってる今、
少しずつお互いが大人になってるって事だけが、分かったかな。
我が家は私が問題児なので、
旦那が我慢してくれてるようです。
昔は取っ組み合いのけんか(一方的に私から!)もしたけど、最近はしてないです。
変わってきたんだとしみじみ思う。
少しでも旦那さんに「情」があるなら、
思いとどまるのもいいと思うんだぁ~。

・・・・ごめんね、能天気な私が言っても
説得力ないなー。
この記事へコメントする















『いい婆さん』の作った“「必要なものを必要なだけオーダーメイドを安価で提供する」日本で初めての会社”です。 PC教材・絵カードなど・・・ぜひ覗いてみてください。

ぴろりんぱ

  • Author:ぴろりんぱ
  • 軽度の広汎性発達障害を持つ長男 中学2年 タロ。
    カンペキを求める男 疑ADHD次男 小学4年 ジロ。
    落ち着きのなさを子どもらしさキャラで乗り切るADHD 小学1年 サブ。

    の3人を育てる母。

    バツイチとなった母は余命を生きる体となりました。

    息子たちと私の『平和かつ平凡(?)』な日々。
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

↑ 『この木なんの木』も売ってます

↑ あ、あ、当たるといいな♪ 最近ロクな事ないし。

楽天で探す
楽天市場

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。