≪ 2017 08   - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017 10 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


恐怖の3歳児検診。

なにが恐怖って?

結局事前の視覚検査と聴覚検査しないで
行っちゃった。



結果無問題。


あ、そんなことないか?
視力が若干足りないらしい。

しかし、私が見たところ、次男に足りないのは視力ではなく、見ようとする根性

わっかがだんだん小さくなってくると

「あー、見えないやー」
「あー、わっかんないやー」

と身体をくねくね。

いや、同じ大きさでも答えたのもあったから見えていると思う。


このこと以外にも、今日は本当に長男と次男の違いを感じた。


おむつだった長男。

パンツの次男。


服を脱ぐも着るも私にされるままだった長男。

ちょっと前に「ここがかゆいみたい~」とおティンティン出そうとしたくせに、
服を脱がそうとしたら「恥ずかしい~ん」と逃げ出す次男。


待ち時間には黙々と一箇所で一人で遊んでいた長男。

走り回っていた子ども達の中にいつの間にか混ざっている次男。


聞かれたことにあまり答えられなかった長男。

「いつも何して遊んでるの?」の問いに
「あのね、兄ちゃんがね、キックとかしてね、んでパンチして・・・」
と喧嘩の説明を始め、「楽しいの?」と聞かれて「ぜーんぜん」と答える次男。


最近あまりにチョロ助で、多動を気にしている次男ではあるが、
それ以外のことは何ら問題ない。


親にとって比較対象となる長男と言う存在は、
あちらにとっても発育の説明に都合の良い教材なのか、

上のお子さんはどうでした?

といたるところで聞かれた。


きっと上の子がいる人は皆聞かれたのであろう。

言葉を濁して流せたところはいいが、発育相談ともなると
上の子」なんて聞かれてしまうと非常に困る。

なんでいちいち上の子が出てくるんだ?
 ああぁん?


とちょっと言いたい気分になった。

で、なんか、私自身は疲れていないかって、そっちの方がやけに心配された。

なんで?

「引越しされても、そちらでなにか気になることがあったら相談機関などを
利用して、あまりストレスをためないように・・・」とかなんとか言われた気がする。
いや、次男がちょろちょろしててきちんと聞けなかった。


ストレスとか育児疲れでなんかしそうなアブナイ人に見えるのか?



し、し、し、失敬な!!!

▼続きを読む▼

ぴろりんぱさんの眉間に縦じわ3本でも入っていたのかしら…?(^_^;)。

最近の健診では、母との話の間も子供の様子を観察していて、ジッとしていないお子さんに対しては、一応『多動』を疑い、兄弟児がいる場合には親に気付かせる目的から引き合いに出されるようです。
他の子供との比較なら、その保健婦さんたちのほうが多くの子供を見てきたはずだから、いちいち聞く必要もないわけで…。
あくまでも相談機関への橋渡し…という姿勢みたいです。

多分『引越し』と聞いたので、引越し先で何か気付いたら(気になったら)相談機関へ行って下さ~い!という意味ではないかな?
次に健診といえば、小学校入学前の健診くらいしかないですから。

これも見落としがないように・早期発見・早期療育へ力を入れようという方針からのようです。
そして、「疑い」を持たれたお子さんが全て『多動』という訳でもありませんので、『念のための措置』だと受け止めて下さい。

決してぴろりんぱさんが鬼の形相『(ー'`ー;)ムムッ』をしていた…(⌒▽⌒;)という訳ではないと思いますのでご安心を。


うんとね、栄養指導とかでも聞かれたんですよ(笑)

食が細いって言ったら、「お子さんはみんなそんなものよ、上のお子さんはどうでした?」
「がんがん食ってました」

みたいな。

保健婦さんも作業に手一杯であんまり子ども見てなさそうな…。
保健婦さんがいると書いてあった遊びの広場なるところにも、保健婦さんが来たのは最後の最後のい人がほとんどいなくなってからで…。

でも最近はそうなんですね。

どうりで「幼稚園に入って集団行動が始まってから何かあったら受診するつもり」っていったときに、「そうですかー」くらいしか言われなかったわけだ。

前だったら「そんなー、大丈夫ですよ、これくらい普通、普通」て言われてるんじゃないかという気がします。

なるほど、なるほど。
勉強になった。
ほほぉ~なるほどねぇ。
勉強になりますのう。

たぶん、3歳児に混ざり一際目立って大変そうだったのがぴろりんぱさんだったんじゃなか?

だから、保健士さんに「ストレス溜めないように」って声を掛けられたんじゃ。

一際目立つ話の面白さ・・じゃな。

なんかさぁ、次男君はうちの保育園にいる同じクラスの「動くか話すかどっちかにせい!」と言いたくなるような男の子達に似てるよ。かなり、世渡り上手なのかもしれないのう。

しっかし、健診の時の長男君とすーさんのご様子が誠に似ておる。

うちの場合は一人っ子だから
「婆さんの幼い時はどうでしたか?」って聞かれてばっかだったようなwww

今では長男君はぴろりんぱさんと会話成り立ってるよね?すごい成長だ。

「お話スイッチ」ってどこにあんのじゃろか?

教えてくれたら、5日前に地蔵に供えられた固い饅頭を1個進呈しようぞ。
えぇなぁ~~!!
うちは集団検診だから~、
時間を拘束されるの駄目なんだーー。
絶対、脱走するよ~。
散歩ひもでもつないでおくか・・・と、まじめに考えているこの頃。
どこでも、『上の子はどうでしたか?』と聞かれるので、
『私は定型発達(普通と当時は言っていた)と思われる長男のほうが、問題ありです。』と応えていたなぁ~。今もだけど。
だってさ、異常分娩だったし、黄疸ばりばりで、癇癪もちだし、寝ないし、こだわり強いしで。
言葉だけは標準だっただけでさ、
ほんと、兄弟の事聞いて、やっぱりなって、確認したいのか?と、
疑った時がありました。
でも、誰にでもきっときいてるんだよね?
でかい声で「〇〇~!〇〇~っ!!」と呼んでいたからなあ。
次男のチョロっぷりが目に付いたかも…

けっこういっぱいいたけど、どうだろ。


いい婆さん様

「お話スイッチ」・・・耳の裏あたり?

饅頭ゲット!
固くてもいい。
しかし茶はつけて欲しい。

みちこ様

大変だったよ集団検診。
1時半からで終わったの4時だったよ。

なっがい、なっがい。

次男なんか最後にはもう
「ぼく、おなかすいちゃったよ~ぅ」
「んも~ぅ、まだなのぉ~」
と言いっぱなし。

疲れました。


どうでもいいことなんだけど、ここだと(ー'`ー;)がけっこうリアルな顔に見えるなあ。



ありがとさんでござんす。
固い饅頭をティッシュに乗せてここに置いておくよ。
たんと噛んでお召し上がり下さい。
一緒に京番茶を添えておきますからね・ね・ね・ね。

ところで「お話スイッチ」を探したけど・・・
ゴシゴシしてみたけど・・・
横目で睨まれただけだった・・

こらっ!返せ・・饅頭!!(笑)

心の目で見るのよぉ~!!

チャクラを開くの~~っ!!!!


ナルト見てます?
takuの健診の時も、聞かれたよ。
「お姉ちゃんはどうでした?」ってね。
各コーナーを回って、
知能テスト(?)で「全然違います!」
身体計測で「全然違います!」
内科検診で「全然違います!」
栄養指導で「全然違います!」
心理相談で「全然違いま~~~す!!」
ハァハァε-(。_。;)ノ┃木┃。
違うんだったら!
違って当たり前じゃないか。

その時も、保健婦さんは子どもを目で追ってる訳ではなく、『母の横に座ってない』という事だけで、疑いの眼差しだったわ。

栄養指導で偏食が多い事を指摘され、「わかっちゃいるんですけど、食材をどのように変化させようとも食べないので困ってる」と言うと、「それでは栄養が○※△%&×…!」と説教された。
「どうしたって食べないから困ってるんだよ!」とは言わなかったが、心理相談のところでは
「無理して食べさせなくても大丈夫よ(^ー^)」と言って頂けたので救われた。

その心理相談の先生が、偶然にもあとでtakuの療育教室にかかわって下さる事になったのだから、不思議だね~。

健診は母の心をもてあそぶ。
やめてくれ~~~。。゛(ノ><)ゝ ヒィィィ
なんだって?婆さんになると耳も遠くなるんじゃよ。

チャックを開けて渦巻き(ナルト)を凝視するのかい?

心の目か?心の目・・心の目・・心の目・・

なんか眠くなってきたぞ。

ありがとうさんww
>健診は母の心をもてあそぶ。
やめてくれ~~~。。゛(ノ><)ゝ ヒィィィ
あっはっはーっ。

>チャックを開けて渦巻き(ナルト)を凝視するのかい?

ぶわっはっは~っ。
って、わしもわからん。
チャネリングするんか?
うさこ86様

そうそう! そんな感じ!
いたるところで聞かれた・・・

>健診は母の心をもてあそぶ。

本当ですよ。

私は長男のとき、検診というか保健婦さんに心もてあそばれた感じでした。
1歳半検診で引っかかって後、半年ごとに電話がきて、
「言葉は出るようになりましたか?」
「なりました!」
「そうですか、じゃあ、2語文は?」
「へ?」
「月齢的にはもう2語文がでてもいいんですが」
「・・・そうなんですか・・・出てません」

電話切ってからガクーっと落ち込み。

ハードルをクリアできて気持ちが浮上してくると保健婦さんから電話が来て、撃沈。

の繰り返しを3歳までやっていましたよ。

しどいわよ~~~ヨヨヨ。

いい婆さん様 みちこ様

すーさんレディだから興味ないか~。
みちこしゃんとこはTV見ないんだもんね~。
そうかやっぱ知らんか~。

夕方やってるアニメです。
忍者なんだよ確か。
しかも常人離れした技使う忍者ばかりで、その技は「チャクラ」とかいう“気”みたいなんを操れないと使えないんじゃなかったかな。
ごめんまともに見てないからうそついてるかも。
ぶは~~っ!
文句を言いに来たんじゃない!!
でも、年寄りにはきついスキンだな~。(はっきり言うし~)
色んなスキンがあってええなぁ~。
って、スキンの話をしに来たんじゃないっ。

週末は忙しいと、思ってな。
引越し準備ーッ、ファイトーッ
生きちょるかーーー??
大丈夫かーーーー??
応援だけですまんよ~。
夜桜にしてみたんですが。

応援ありがとう~!

引越し準備は、多分順調!







うそです。
体が動きません。





うそです。
気持ちが動かないのです。

まあ、ちょっとは進んでいると思います。

いえい。
三歳児検診。結構きついですよね。

うちの次男の場合、療育センターに検査に行くことに同意していたので、検診はフリーパス状態。

でも、『育てるのは大変じゃありませんか』と、やたらと聞かれました。長男の方がとても大変だったので、『二番目は楽です。』というと、不思議そうな表情をされました。

我が子たちはどのみち大変だってことなんでしょうか。愚痴ってすみません。
>『育てるのは大変じゃありませんか』
に対して「楽です」と答えてるのに
>不思議そうな表情

って。

じゃあ、どんな返事がお望みなんだい? って聞きたくなりますよね。

よくいろんなところで言われてますけど、保健婦さんってマニュアル通りの答えを望むし、
そこからずれてるとなんか反応がアレだし、本当にうさこ86さんの言うとおり
>健診は母の心をもてあそぶ。
ですよね。

この記事へコメントする















『いい婆さん』の作った“「必要なものを必要なだけオーダーメイドを安価で提供する」日本で初めての会社”です。 PC教材・絵カードなど・・・ぜひ覗いてみてください。

ぴろりんぱ

  • Author:ぴろりんぱ
  • 軽度の広汎性発達障害を持つ長男 中学2年 タロ。
    カンペキを求める男 疑ADHD次男 小学4年 ジロ。
    落ち着きのなさを子どもらしさキャラで乗り切るADHD 小学1年 サブ。

    の3人を育てる母。

    バツイチとなった母は余命を生きる体となりました。

    息子たちと私の『平和かつ平凡(?)』な日々。
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

↑ 『この木なんの木』も売ってます

↑ あ、あ、当たるといいな♪ 最近ロクな事ないし。

楽天で探す
楽天市場

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。