≪ 2017 10   - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - -  2017 12 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


『存在する』ということ


これは私が大分昔からこだわってきたことで

ただ『生きている』というだけでは、『存在している』ということにはならないと思っていて

息をしているだけなら、生きていなくてもいいんじゃないかと


そう思うようになってからは、できるだけ

出会った人達
縁のあった人達の中に
良い形で『存在したい』と思うようになった


それは息子にも言っているのだけれど
いつ、急に「サヨナラ」になっても
相手が自分を思い出したときに
そのイメージが暖色系であって欲しいと
そう思っているのだけれど

案外この『存在する』というのは難しいことな気がする。
『存在する』というより『存在し続ける』ということが、だな

それに、いい形で存在したいと行動することには
“偽善”が見え隠れしている気がして
自分の今の考えは“善”なのか“偽善”なのかと
しばし悩むこともあったりする

さて、
何が言いたいのかわからなくなってきたな。


まあ
あれだ

実際、この身体になったら、本当に嘘みたいに
なんにでも感謝できるね

生んでくれて ありがとう
生まれてくれて ありがとう
友達でいてくれて ありがとう
すげー天気がいい ありがとう
すげー景色が綺麗だ ありがとう

そんな感じ

あれ? なんか死亡フラグ立ってる感じになってるw
いや、でも、なんか、どうも
来るときはガクっと来るっぽいのかなと思ったので
たまに、こんなん書いておいたって


いいじゃんw



おしまいwww
スポンサーサイト


この記事へコメントする















『いい婆さん』の作った“「必要なものを必要なだけオーダーメイドを安価で提供する」日本で初めての会社”です。 PC教材・絵カードなど・・・ぜひ覗いてみてください。

ぴろりんぱ

  • Author:ぴろりんぱ
  • 軽度の広汎性発達障害を持つ長男 中学2年 タロ。
    カンペキを求める男 疑ADHD次男 小学4年 ジロ。
    落ち着きのなさを子どもらしさキャラで乗り切るADHD 小学1年 サブ。

    の3人を育てる母。

    バツイチとなった母は余命を生きる体となりました。

    息子たちと私の『平和かつ平凡(?)』な日々。
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

↑ 『この木なんの木』も売ってます

↑ あ、あ、当たるといいな♪ 最近ロクな事ないし。

楽天で探す
楽天市場

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。