≪ 2017 06   - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - -  2017 08 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


母よ。

「〇〇(私の長男)が小さい頃の写真を見てたんだわぁ。
かっわいくってなぁ。…いつ間違えておかしくなってしまったんだか…

って。

だから息子のは“このタイミングでこんなことをしたからなりました”的なもんじゃあないんだって、何度も言ったよな?

そんなに「私の躾が悪いせいだ」と思いたいか。


もう、説明する気も起きん。
勝手にそう思ってろ。


父よ。

「病院に行かなくってもなぁ…。
そんな心配しなくてもオレは“大丈夫”だと思うがなあ」

って。

もうとっくに病院行ってるよ。
夏にカミングアウトした時点ではもうきっちり通ってるよ。

「まだテストの予約が取れなくてはっきりしてないけど“まず間違いないと思う”と言われた」と話したはずなんだが。

それに夏休みの長男に対する母の態度を見て、よく“大丈夫”とか“問題ない”とか言うことができるなあ。

まあ、私を気遣っているんだろうね。

でもね、

とにかく話のレベルが違いすぎます。

長男の障害についての話がどこで止まってるんですか?

あなたがた、娘(私)の話を聞いていましたか?

あの夏の大喧嘩は何の意味もなかったようですね。



多分、今後もうあの二人に息子の障害について説明することは無いな。

頭に入れる気が無いようだ。
スポンサーサイト


よく言われる。
”いつから、おかしくなったんだ?”(ババ)
”いつからって、もともとなんだけど。”

”大丈夫だ、この子は!”(父)
”なにが?大丈夫だよ?当たり前じゃん。
心配しなくて大丈夫だよ。”

うちの実家でもこんな会話が何度も繰り返されているよ。

おまけに、
”うちの家系かい?”(母)
”そうなんじゃない?”



躾のせいじゃないよ。
障碍、ちょっと、う~ん、・・・かなり偏った気質かな。
メディアで取り上げられた時、
すかさず両親に観るように進めている私。
だって、1人で抱えるにはきついもんね。
両親も味方につけなきゃね。
もちろん、わしも味方でっせ~っ。

これ、夏に言われたよー。

「うちの家系には変なのはいないはずなんだがなぁ」

「んあああん? 向こう(旦那)の実家でもそう思ってるだろうよ」

本当はあやしさmaxな兄がいるがな。

いや、旦那本人もあやしいし。
私だってあやしいがな。

とか言うとまた喧嘩になるんで、面倒だから言わなかったんだけどね。

24時間テレビ見て固まった瞬間があったから(「躾が悪いと誤解される」的ナレーションで)なんとか少しはわかったか?と思っていたんだけど甘かったようです。

ちっ。
いや、真剣に発達障害について何冊も本を読んだり、話しを見聞きしたりしないとねー、その程度の理解しかできないよー。
正直、親自身だって最初はその程度が何か月か続いたわけだし…。
なので、接する機会の少ないジジババ達はもっとかかるさ。

私だってつい最近まで「高機能自閉症」はどこか遠い世界の話し…のような気がしてたもん…。
頭の中にストンと落ちて、とけ込んでないというか…(^_^;)

間違えたからなるもんじゃないと、わかっていても、なにか「あの頃はそんな障害があるなんてつゆともおもわなかった」という意味で「どこで間違って…」という言葉が出てきたのかもしれません。
なんていうか、ですね、
次男が生まれてから私の母は私に「長男に甘い」と言うようになったんです。
外出して同年代の(出来のいい?)子どもを見るたびに電話してきて「どこどこで見た長男くらいの子どもはこんなことが出来てたあんなことができてた。長男はなんで出来ないんだ、ちゃんと躾けないとだめだ。お前は甘い」と。

私、周囲には「厳し過ぎない?」って言われてるんですが。


甘やかすな、厳しくしろ。

次男は赤ん坊だから相手してもらえるけど、長男が声をかけてもぞんざいな扱いで・・・。
そんなだから、私が長男の相手をしていると「次男を放っておいて長男のことばかり…」なんて責められて。

私が長男の相手をしなければここで長男は一人ぼっちになりますが?
ああ、それでよいとお思いですか?
そういやあ私らもたまに放置されてましたもんね。
みたいなことが、もうずっと続いていて、ずっと「躾が悪い」と言われ続けていたのです。

もう本当に見ててかわいそうなぐらい差別され始めてたんで、夏に病院に行ってる話をしたんですね。

そしたら「躾の悪さを病気のせいにしている」と。

本を読ませるのも無理だし。

私が説明をしても理解しないだろうし。
夏は「広汎性発達障害」とかアスペとかって名前を出さないで話をしたら「医者から診断名付けられていないのに勝手に病気にしている」とかも言われましたよ。

上に書いたとおり「ほぼ間違いない」と言われた話をしたのにです。

自分の身内にそういう障害を持った人間がいることを受け入れられないのだろうと。


だからもう、当分実家には行かない予定にしています。


出来のよい子しかかわいくないらしいので。



ああ、愚痴ってすいません。
こんにちは、Stellaです。

ブログBU-BA-GAにコメントいただきありがとうございました。

subjectがちょっと過激ですが、私は自分の両親に次男の障碍の話をしていません。ばれたらばれたまでのことですが、身内だろうが他人だろうが、私は力になってくれる人しか障碍の話をしません。

障害だろうが、電車の中でお年よりに席を譲ることだろうが、自然にできる人はできるんです。いくら話をしても、心と体が動かない人は、かえって邪魔なくらいです。

どこまで割り切れるかどうかは、それぞれの決めることですが、平均値より大変な生活している私たちは、助けてくれない人は、係わり合いにならないのが精神衛生上、最良だと思います。

「家光と彦左と一心太助」という映画があり、家光が頭がおかしくなったことにして、そっくりな一心太助が入れ替わるという映画がありましたが、その時のお城の家来に言う言葉が
「苦しゅうない、捨て置け」でした。

助けてくれないなら、ほっとしてくれ。
私の正直な感想です。

家族の絆を理解していない発言かもしれません。お許しください。
この記事へコメントする















『いい婆さん』の作った“「必要なものを必要なだけオーダーメイドを安価で提供する」日本で初めての会社”です。 PC教材・絵カードなど・・・ぜひ覗いてみてください。

ぴろりんぱ

  • Author:ぴろりんぱ
  • 軽度の広汎性発達障害を持つ長男 中学2年 タロ。
    カンペキを求める男 疑ADHD次男 小学4年 ジロ。
    落ち着きのなさを子どもらしさキャラで乗り切るADHD 小学1年 サブ。

    の3人を育てる母。

    バツイチとなった母は余命を生きる体となりました。

    息子たちと私の『平和かつ平凡(?)』な日々。
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

↑ 『この木なんの木』も売ってます

↑ あ、あ、当たるといいな♪ 最近ロクな事ないし。

楽天で探す
楽天市場

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。