≪ 2017 06   - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - -  2017 08 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「おかあさん、なんかのどが急に痛くなったの」


お盆休みの真っ只中の夜のことでした。
久々にジロが病気です。

「風邪でもひいたかな? ご飯食べたら早く寝ようね」

そう言って、食事を始めましたが、いつも以上に食欲のないジロ。


何気なく額に触れたら・・・熱いねぇ・・・。


でももう病院は閉まっている時間。
とりあえず市販の薬を飲ませて寝かせたのですが、一回寝たジロがトイレに行くために2階から降りてきたときに・・・

「おかあさん、あのね、階段を下りるとね、頭の中が浮いちゃうの。それでね、目が回ったの」


ありゃ?
なんかヤバイかしら?

そんなわけでまたしても1時間弱の急患センターへ。

なんか最近いつも病気のときは関所のように急患センターに行ってるような・・・?
まあ、子どもの病気は休日と夜はお約束らしいですが。


車内の会話

「まだ頭が浮いてるみたい?」
「ううん、座っていると頭が下に降りてくるんだけど・・・」
「降りてくんのかよw」





その日は、38.6度位の熱と、口の中に発疹ということで、

ヘルパンギーナですか?」
「うーん、ヘルパンギーナのブツとは違うと思いますから、とにかく明日は必ず病院へ行って下さいね」


先生! 明日はどこの病院もたいがいお休みしているお盆の15日です!

と言いたいところをこらえて帰りました。


そして次の日、ネットで調べても休日当番医くらいしか出てきません。
ちょうど市の子ども課に用があったので、そのついでに聞いてしまいました。

そして、一回行ったことのあった個人病院へ。
そのときジロの熱は39度以上。
手足にもブツブツが出てきました。

“こりゃ手足口病か?



そう思っていたら案の定

「手足口病は間違いない」

やっぱり!

「・・・んだけど・・・」

ほ?

「手足口病でこんな熱は出ないなー」

ほう!


「念のために検査しておきましょう」


で、耳から血をとってなにやら検査をしていただきました。


結果は

「おかしな数値はないから、ただの風邪かな。手足口病と風邪に一緒に罹っちゃったんだね」

と言われました。



その後が大変さ!


熱は2日ほどで下がったものの、激しい口の痛みを訴え、全く食事を取りません!

何でもかんでも「痛い~~~~!」と泣きながらクルクル回っています。

しかしなぜかプリン(安いのが好き)と卵とうふは沁みないらしく(おかしかろ?!)、「痛いけど我慢してるのーーーー」と食べていました。

プリンだろうが食べていたので病院には行かずにいたのですが、熱が下がってからまるっと2日間、ジロの眉間は寄りっぱなし
3日目、今日も痛がっていたら病院に連れて行こうかと思っていたら、少しだけ、笑う余裕が出てきたようなので、行かずにいました。

ちょっとホッとしたその日・・・



「おかあさん・・・オレもなんか口の中がヘン」(タロ)



きたかよーーーーーーー。



土曜日の午前中でした。


お盆も過ぎ、ギリギリ午前中だったのでいつものかかりつけ小児科に行けました。

タロは熱も出たか出ないかくらいで、一晩だけ食欲なくしたものの、その後は特に大きな症状もありませんでした。


ただ「オレもジロみたいに泣き喚くのかも~~~! イヤだよ~~~~~~!」(この時点ですでに喚いている)とうるさかったw



して、その土曜日の夜!






サブです。


口の中を指差して「あ~、あ~」と言っていました。
じいちゃんが見てみたら赤いポッチが喉の奥にちょん・・・っと。



おまえさんもかよ~~~  しかも土曜の夜かよ~~~~~(泣)




幸いジロほどの高熱は出なかったので、月曜日まで様子を見ることにしました。


すると・・・出るわ出るわ発疹が。












ケツに。






コレ、何?


手足口病ってケツにも出るもんなのかしら?









そんなこんなでまた病院ですよ、奥さん。


「ああ、オシリね。出るんですよ。一般的に皮膚の柔らかいところに出るといわれています」


なるほど、そうなんですか。



でも、どうみても手より足より口よりどこより一番ひどくなったのがケツ。




まさに『手足“ケツ”病』




保育園に通っているということで、もう一度来てくださいと指定されたのはその2日後の水曜日でした。


そんなに早くていいの?



と不安を抱えつつ、2日後に再び受診したときに頂いた『登園許可証』。




『病気が治癒し、また他の園児に感染の恐れがなくなったため、登園を許可します』
という文が書いてあったと思うのです。




携帯なんで全体を写せず、わかりにくいですが・・・





060823_0955~001.jpg




“ほぼ”て!?












060823_0934~001.jpg



感染の恐れがあるのかよ!w




先生! 保育園に提出しづらいよ!






結局、保育園に提出はしましたが、手足ケツ病にて病ケツしているサブでした。



ちなみに、「1~2週間は便からウイルスが排出されるので、オムツを変えた後は気をつけてね」(先生談)とのことなので、もしも手足口病に罹ったかたがいらしたら、そこにご注意を。
スポンサーサイト


ウケました!

登園許可証・・・・
「ほぼ治癒し」「感染の恐れはあるものの」
ってそれ・・・・・許可していいの~~!?って感じですね(笑)

我が家は未だ、手足口病は未経験です
こじらせると大変なんですね
ウチの息子はものすごい食いしん坊なので
口の中が痛くてモノが食べられないってのがいちばん辛そう。
タロくんが、ジロくんを見てて泣き喚いたのも分かる気がする~~。

はやくサブくんもよくなりますように☆
そろそろ…感染の恐れもなくなり…皆様健康になられた頃でしょうか…。
ホントに……なんだか妙な診断書にウケました…私も。

ひろりんぱさんも……感染…なんてことはないですよね?!

タロくん、ジロくん…元気に登校してるかな?!
サブくん…保育園で…パワー全開中かな?!

子供って…病気からの回復力もスゴイから……笑。
mari様

そうですか、未経験ですか。

本当はそんなに怖い病気でもないことの方が多いようです。

まれに脳膜炎(髄膜炎)を起こすとかで、ジロは最初それなんじゃないかと心配しましたよー。


サブはおかげさまでよくなりまして、元気に登園しているのですが、今夜、ジロがまたしても。
あの日のように「ノドが痛い」と。

クループみたい・・・



病気から開放されたいです。v-406
RYO★様

ありがとうございます。

そんなこんなでジロがまた病気、そして私が腰痛を起こしております。

明日は整体に朝イチで行くはずだったのに・・・

腰痛もけっこう辛いですv-406
この記事へコメントする















『いい婆さん』の作った“「必要なものを必要なだけオーダーメイドを安価で提供する」日本で初めての会社”です。 PC教材・絵カードなど・・・ぜひ覗いてみてください。

ぴろりんぱ

  • Author:ぴろりんぱ
  • 軽度の広汎性発達障害を持つ長男 中学2年 タロ。
    カンペキを求める男 疑ADHD次男 小学4年 ジロ。
    落ち着きのなさを子どもらしさキャラで乗り切るADHD 小学1年 サブ。

    の3人を育てる母。

    バツイチとなった母は余命を生きる体となりました。

    息子たちと私の『平和かつ平凡(?)』な日々。
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

↑ 『この木なんの木』も売ってます

↑ あ、あ、当たるといいな♪ 最近ロクな事ないし。

楽天で探す
楽天市場

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。