≪ 2017 10   - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - -  2017 12 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


土曜日、サブは普通に起きて茶碗1杯のご飯を食べ、保育園へ行きました。



お昼に帰宅した後、用意したお好み焼きを一切食べずに泣き、そのまま寝てしまいました。

その隙に私は少々外出。

外出先から家に「なんか買い物するものあるぅ~?」とのん気な電話をしたら、おばばが「それどころでねえわ。サブはこれ、調子悪いぞ。泣き止まねんだわ。早く帰って来い」

大急ぎで帰ってみると、おばばの膝の上でニコニコしているサブがいました。


「んん? 笑ってるじゃん?」

「いやぁ、今ちょっと泣き止んだんだ。まんま(食事)も食ねえし、なーんか、おかしいわ」

「う゛~~~~~ん・・・ 下痢かなぁ? 様子見たほうがいいかもなぁ」

などと相談をしていたのですが、とにかく、大人にくっついていたがるサブ。

なのに泣き始めると、手足を突っ張らせて“オレを抱くな”とでもいうように身体を固くして泣くことを数回繰り返しました。

更に、飲み食い大好き、差し出されたものが口に入れられるものならとりあえず口に入れる大食漢のサブが、一切飲み物拒否という状態。


こりゃ、確実におかしいな

ということで、県庁所在地にある急診センターへ行きました。
(つうか地元にも総合病院で診てくれるところがあるんだけれども、そこは“治るもんも治らない”と評判の病院なんですよ)

行く途中、泣き方がなんだか激しく、泣く間隔も短くなってきたような気がしました。

泣き疲れて寝ても、痛みが来ると目が覚めるのか、寝ては泣き寝ては泣きで1時間近い道のり、ほぼ泣きどおしでした。

急診センターでのお医者様の初見ではロタウイルスなどによる胃腸炎ではないか? ということで、
「整腸剤を出しますからそれで様子を見てください」と言われたのですが、一応、「此処に来るまでの間にどんどん泣き方が激しくなってきたんです」と言ってみました。
そしたら、お医者様が「じゃあ一回浣腸してガス抜きしますか。それで一応出た便を見せてください」と言われました。

浣腸をして出た便は、ほぼ茶色なのですが、オムツに滲んだ水分はピンク色でした。

「浣腸液ってピンク色なの?」などと思いながら、先生に見てもらうべく、オムツを受付に渡すと、なぜだかまた、診察室に呼ばれました。


「出血が見られるので腸重積の可能性があります」

「はぇ?!」

「ここではその処置が出来ないのでこのまま〇〇病院へ行ってください。向こうにはこちらから連絡しておきますから」

「はひぃ~・・・」


腸重積とは

腸の一部が腸の中にめり込んでしまう病気です。
症状は主に「腹痛・嘔吐・イチゴジャムのような血便」
乳児から1、2歳までの子ども(特に男児)に多い病気だそうです。
感染症などによって腸のリンパ節が腫れることが主な原因だそうですよ。



そのまま、言われたとおり〇〇病院へ行ってみました。

そこの救急センターというところに行き、受付で名前を告げると「はい、腸重積の方ですね?」と言われ、待合で待つように言われました。


そこにあったお知らせという看板。

救急センターは入院を必要とする患者の方を診るための第3次うんたらかんたら・・・

緊急性を要しない方は急診センターなどをご利用ください



みたいなことが書いてありました。





入院を必要とする?



えーーーと、急診センターからここに来たわけだから、入院するってことなのかしら?

不安になって一緒にきてもらっていたおじじに「入院になるんかなぁ?」と言ってみました。

おじじは「診て必要があれば、だこてー」と答えました。

「そ、そうだよね、なにしろ入院てものに縁がないからさー、大丈夫だよねえ、腸重積と決まったわけでもないしー」


そんなこんなで診察に呼ばれました。

流石に救急センター。
その場ですぐに簡単な手術でも出来そうな場所でした。
そのワリには、ウチの隣に見てもらいに来た患者さんは、普通の風邪か何かだったようで薬をもらって返されたりしていました。

ああ、ウチも返されるだろう、そう思いながら、お医者様やら看護士さんからの問診に答えていました。

サブは大食いのせいなのか、脂肪が多いのか、エコーで見てもよくわからなかったようで、先生もちょっと悩み気味で、

「腸重積か、そうでなかったら腸炎だと思うんですけど、どちらでもちょっと1日飲食はお休みしてお腹を休めるようになりますねー」

「そうですかー(やっぱり入院はないな)。・・・あ! さっきの急診センターで出したウンチを持ってきたほうが良かったですか?」
「あ、あるなら見せていただけますか?」


で、大急ぎで車に戻り、使用済みオムツを持ってボテボテ走って戻った私に先生が一言


「あ、言い忘れてましたがどちらにしても入院になります」


せせせせんんせいぃぃ?
息を切らし、脱力する私でした。


「付き添いは・・・・?」
「あ、していただきます」
「ですよねー」


片道1時間、往復2時間。
一旦帰ることは許されない距離でございます。
ちなみにこの日、私は昼から(正確には朝食以外)何も食べていませんでした。

この時夜7時を回っていました。


そしてこの時3人目の子どもにして初めて医療費助成給付券(だっけ?) 入院用を受付に出すことになったのでした。




無駄に長いですが、続く~。

▼続きを読む▼

あわわわっ……v-404

サブくん……ダイジョブなんでしょうか……
子供が入院すると親も…兄弟も……
何かと大変ですよね……
続きが…きがかりです。
腸重積かも!?なんですね
まだ小さい子だし、心配ですね・・・

たしか、私のいとこも昔やったような・・・・
記憶の糸をたぐりよせて・・・・・・なにせ30年前・・・
腸重積か、腸ねん転だったような
ひどい場合は手術だけど、いとこはしばらくの入院で大丈夫でした。

うーん、サブくん、気になります
ご心配ありがとうございます!

新記事にも書ききれなかったのですが(文章が無駄に長過ぎるんだねw)なんと一泊入院で済んだんです!

もうすっかり元気で、今朝のウ○チも健康に戻っていました!

ありがとうございますe-466
ありがとうございます。

腸ねん転というのもずいぶん痛いらしいですね。

今回の腸重積も私には痛みがわからないのですが、きっとすごく痛かったんだろうなと思います。

けれどもサブは元気です!
お腹の病気は可哀想でならないよね。
お腹が痛いと訴えられない子供が病気になると、とっても怖い。
ともかく、元気でよかった。
あの一文だけの、「サブ、チョウジュウセキで入院」のメールは流石に青ざめたよ~~~。
電報のようなメールだったでしょう?w

最近の病院っていろんな場所で携帯OKになってるんだね。
病室はメールはOKになっていたんだ。

外来病棟でも、マナーモードでOKなんだって。
駄目な場所も当然あるみたいだったけど。

あのときゃ、初めての子どもの入院に動揺真っ最中で誰かに聞いてほしかったんだよーw

驚かせてごめんよう。
この記事へコメントする















『いい婆さん』の作った“「必要なものを必要なだけオーダーメイドを安価で提供する」日本で初めての会社”です。 PC教材・絵カードなど・・・ぜひ覗いてみてください。

ぴろりんぱ

  • Author:ぴろりんぱ
  • 軽度の広汎性発達障害を持つ長男 中学2年 タロ。
    カンペキを求める男 疑ADHD次男 小学4年 ジロ。
    落ち着きのなさを子どもらしさキャラで乗り切るADHD 小学1年 サブ。

    の3人を育てる母。

    バツイチとなった母は余命を生きる体となりました。

    息子たちと私の『平和かつ平凡(?)』な日々。
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

↑ 『この木なんの木』も売ってます

↑ あ、あ、当たるといいな♪ 最近ロクな事ないし。

楽天で探す
楽天市場

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。