≪ 2017 03   - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - - - -  2017 05 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


昨日はジロの七五三を祝った。

ジロは数えで5歳。

タロのときは実年齢で5歳のときにやった。
なぜかといえば、当時のタロはそれこそ毎日のように保育園でプチパニックを起こしている子で、とてもじゃないが写真撮影など無理だろうと私が判断した。

そのときの私は七五三については「写真屋で衣装を借りて写真を撮ればいいや、あとは神社にお参りに行けばOK」とかなり簡単に思っていた。
ちょうど旦那の実家からそのくらいの時期にこういうタイプの着物が送られてきていた)が送られてきて、『寒いときにでも上の着物をはんてん代わりにでも着せて』と手紙が入っていましたが・・・なぜか旦那がその着物を着て千歳飴を持っている写真が一緒に入っていたw

・・・着せて欲しいんだね?・・・ 

神社へはその着物を着せていった。

タロのときはそんな感じのちょっとなにがなんだかな七五三だった。






今年はちょっと違った。


とある牧師さんから

「キリスト教でも七五三のようなことをしていますが、じゃあ、あなたは七五三をこちらでやりますか?」

と聞かれ

「いやです、そんな歴史もへったくれもない祝いなんて」
と答えたら、

「七五三のお祝いがいつ始まったか知っていますか? つい最近ですよ」

と言われた。
(そりゃキリスト教の始まりに比べたらなんでもつい最近だろうよ。でも少なくとも私や私の親の世代はやってることだろう? どういう理屈だよ。
私はクリスチャンじゃねぇんだーーーー! と言いたかったが、こんな無駄な比較をしてくる方に何を言っても平行線だから何も言うのをやめた)


それで、私は調べた。



確かに、今のような形式的な七五三が始まったのは明治~大正らしい。
だがしかし、もともとは3歳も5歳も7歳も、そこまで無事に育ったことを祝う、そういうものじゃないか。


私のなかで、七五三に対してのこだわりが生まれた。


着物はネットで見つけた甲虫の柄の羽織(ネットで見つけて3千円)
袴をどうしようか悩んだ挙句に「やっぱり袴は重要だし」と新品を購入(だって羽織よりかなり高額になるんだもん)


肩上げもネットでやり方を調べて(まったく便利な世の中になりました)自分でやった。
やり方が書いてあったHPで「肩上げ・腰上げは子供の成長を願って必ずやること」とあった。
なので、非常にものぐさな私だが、肩上げは喜びであった。
少しでも失敗したら解いてやりなおした。
やり終えると、少しさびしかった。



そして、タロのときにこの作業ができなかったことが残念でならなかった。


そして袴。
これが!

ネットで着付け方法を調べて(本当に便利な世の中になりました)みたら「お母さんにも簡単にできます」なんて書いてあって、よっしゃー! と悠長に構えて11月に入ってから・・・。

もういちど着付けの方法を確認してみた。




・・・半襟? ・・・腰紐? ・・・伊達締め?





なんのことでしょう?














・・・やばいじゃないっすか。


「おかん! 半襟ってどこに売ってるん?!」

「買ったらそこそこ値段するぞ。裏地用の布でも付けたらなじだ?」

とのアドバイスから御免よと思いつつ裏地をつける。

余った布で腰紐代わりの紐を作る。


あとは伊達締めか! 伊達締めってどんなんだ? とネットで(本当に便利な世の中に・・・・以下省略)写真を見る。
その写真のイメージのみで着物を多く扱っているリサイクルショップに行ってみる。
なんとなく“これかなー?”と思うものを発見! 

私「あのーこれは伊達締めですか?」

店員「えーーーーーーーーーっと・・・どうでしょうね? 伊達締めじゃないのかなあ?」







・・・・・・店員さーーーーーーん!

そんな店員さんと二人で悩んだ挙句に結局買ってみた。



そして、またネットで調べて(以下省略)みる。


「伊達締め・・・中心部はしっかりした生地になっており、両端は結びやすいようにやわらかい」


買ってきた物体は・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・端から端まで固いです。





私が買ったこれはいったいなんですか?

      ・
      ・
      ・
      ・
      ・
      ・
      ・
      ・
      ・

ひーーーーーーーーーーーーー! なじょすべえ!(どうしよう!)


と思った私の視界に兵児帯が入ってきた。


“こ、これで代用できるか?”

しかし自信のなかった私は「ふたばちゃん」にヘルプのメールをした。

わざわざ電話してきてくれた。

ありがとうふたばちゃん。


なんともお恥ずかしい。




そして・・使えるんじゃないかと教えていただいて安心していたら、またネットで(省略)「着物に紐をつけておくと着崩れしにくい」という一文を見つけ、はっきり言って位置は適当だったが紐をつけたw



そんなこんなで、一回着付けの練習もして、準備万端! 万事OK!





のはずの当日・・・

昨日は平日でしたので、幼稚園が終わってからのお参り。







ジロ、幼稚園から帰る早々寝る。















しまったーーーーーーーーーー!!!!!!

こいつが帰ってからすぐ寝てしまうことを忘れていた!







いやいや、4時半という遅い時間にしたから大丈夫大丈夫・・・。








起きない。









やばいがな。私着付け初めてなんだから、30分は欲しいがな。




「ジロー! すまん! 起きてくれ! 虫の着物着るよ!」


「うわ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ん! 
ねむい~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~」









だよねぇ。


しかし無理矢理着てもらう。







「終わったらチョコ食えるし! な!」


とか騙し騙し着せ終わった。






かわいい~~~~~~~~~~(親ばか)



















泣いてるけどな。





そして目の前の神社で御祈祷していただきました。



タロ「早く終わんないかなーーーーーーーー」

「シッ」

タロ「いったい何言ってんの?」

「シッ」

ギッチ、ギッチ、ギッチ、ギッチ

タロ「なんかこのイス音がするなー」


「足揺らしてるからだ! 静かにせんかい!」



ジロの方がおとなしかった・・・。


玉串だったかをご本尊に上げる(よくわかってない)ジロはかわいかった。
チビッ子がいっちょ前に羽織袴でお辞儀してる姿は非常にかわいかった・・・・。

ええ、ええ、親ばかです。


御祈祷が滞りなく終了し、急いで家に帰ってみると、すでに袴は着崩れ取りました。



素人の着付けなんてこんなもんだ。


20051116175208.jpg


寒い~~~、寒い~~~~~と泣くのであまり写真が残せませんでした・・・。




2006.9.10 
どうやら時節柄「七五三 着付け」などで検索されていらっしゃる方が多いようなので・・・

時間短縮していただくために・・・


私が参考にさせていただいたサイトさんではないのですが・・・


こちらこちらのサイトさんはいかがでしょう?
シロウトにもかなりわかりやすいと思います。

七五三おめでとうございます!



▼続きを読む▼

ジロくんの七五三おめでとうございます!
楽しく記事を拝見させていただきました。
袴の着付けはやはり難しいのですね・・・
我が家の8歳の息子は、5歳のお祝いは多動とこだわりのため断念。
今更ながら、とても残念がっております・・・
かわいい!!
ほんとかわいいね~~~~♪
しかも、着物の準備から全部自分でやったなんて・・・・尊敬です。
肩上げって、そういう意味があったのね
そう聞くと、私もやってみたかったなぁ・・・(自信ないけどw)
ジロくん、おめでとう♪
ぴろりんぱさん、お疲れ様でしたv-410
こんにちは、ステラです。

遅ればせながら、
七五三おめでとうございます。

キリスト教の祝いに、七五三のようなものがあるっていうのは、ウソに近いと思います。でなければ、説明不足。

教会が、子供の成長を祝うミサや礼拝をしているとしたら、それは日本において、神社に行かせないための対策のはず。祝い事は遭ったほうが面白いと言う気持ちも多分にあるんですが。

七五三が11月15日で始まったのは、確か元禄時代、綱吉の子供の時からと言われています。元々、髪置(男女三歳)、着袴の儀(男児五歳)帯解(女児七歳)と言う通過儀礼として
平安時代に起源を持ちます。

キリスト今日の習慣と言っても、布教のために俗習慣を宗教儀式として取り入れていることが多いので、あんまり硬く考えないでほしいそうです。(カトリックの神父の話。)

クリスマスだって、元々は冬至のお祭りなんですから。
いらっしゃいませ!

実は・・・初めましてではありません・・・ポッv-398

パソコンが我が家に来て、最初に広汎性発達障害を検索して、初めておじゃまさせていただいたのはpandoraさんのHPです。

トラックバックしていただき、アリ型王ございます。

告知されたときの日記にもちょっと泣きましたが、今回の優夢君の言葉も切ないですね。

うちの場合タロは御祈祷をしてもらわず、お参りしただけでした。
御祈祷に耐えられないと思ったからです。

今回のタロの様子を見て、当時の判断は間違っていなかったような気がしています。


袴なのですが、私が注文したときはサイズ?が53センチと61センチから選ぶようになっていました(どこのサイズなのかは実はわからないのです・・・v-388

雪駄のサイズも17くらいから21.5くらいの中から選んだ(袴もネットで買っていますv-402)ので、もしかして土地によっては7歳の男の子のお祝いをやるところもあるようですし、写真屋さんには衣装があるかもしれません。

ていうか、あるといいなあ
ありそうな気がしてるんですが甘いかなあ。


肩上げは簡単でしたよ。

ええ、そんなに難しくはないんです。


なら、なぜやり直したかというと・・・


縫い目が雑すぎたり、ちょっと曲がってたりするからですv-406

自分で言うのもなんですが、案外器用な方なんですけど、女らしいと言われる事柄に関しては器用さは発揮されないようですv-406
pandoraさんへのコメントで「ありがとう」が「アリ型王」になってる・・・
流石?! 詳しいですね!

そんなに詳しくは調べていませんでしたv-388

クリスチャンの方もやっぱり七五三とかしたいと思ったんでしょうかね?

やっぱり着物着せたりするのかしら?

詳しくは聞いていないですが。
聞いても仕方ないと思った私・・・。

v-20 七五三!!

ぴろりんぱさん、上出来ではござらぬかぁ~v-10

とっても素敵よん♪
(『の』の字無しの写真も個人的(PCメールで)見せてくでぇ~v-10)

伊達締め代わりに兵児帯だったから、最後の最後で着崩れしちゃったのかもね・・・。
今更でごめんよ~。
一昨日、兵児帯を伊達締め代わりに出来るかしらって事を先生に尋ねたらさ、
『代用できるでしょうけど腕がいるわね~』
って言われたよ!
っつ~事は、ぴろりんぱさんは腕が良いって事ですわなv-238
だって、とても綺麗に着付けてるも~んv-10
垂れ先で作る羽根が大変だっただろうなぁ。。。って思いながら観てて感動した!
兵児帯、柔らかいっちゅ~もんじゃないんだね!(柔らかすぎるって意味ね・・・)
私さ、兵児帯を直接手で触った事無かったの(汗)
一昨日、兵児帯(大人用だけど)実物を先生に見せて頂いて、
『これで伊達締めの代用に使ったぴろりんばさんは凄いぞ!』
って先生と感激してたのよ~。

袴の着付け、私は紐を何回も交差させて結ぶのが不得意だったんだけどさ、
ぴろりんぱさんのお陰で、苦手なんて言ってないで魂入れて勉強しようって思ったよv-218
ありがとう♪

着付けの先生がね、ぴろりんぱさんの事を褒めてらっしゃったよ♪

今度、何か質問されても、不安げな答え方しなくてすむ様に、着付けの練習に励むわっv-91 (笑)

本当にお疲れ様でしたっ^^

これでべべ君の時も安心して着付け出来るねっ♪

ps:遊びにくるの遅くなってごめんね~^^;


垂れ先使うのは・・・角帯やっちゅ~のv-12

いつも阿呆なコメント残してごめんちょv-39
ジロ君、七五三したのね~。

おめでとう。

うちの長男も次男もしてないのよー。

生まれたときだけ、お宮参りなぞしただけ。
写真すら撮ってないし。

酷い親。

長男の入学祝の家族の記念写真を撮ったけど、
次男の多動爆裂に私の着物は崩れるし、
化粧は崩れるしで、
スタジオ○リスのスタッフも汗だく。



自分でジロ君の着付け出来たなんて、
凄いじゃないのっ。

さすがじゃっ。

ジロちゃん、かわいく着てるねー♪
着付けも、仕立て直しも立派っすよ!
本当におめでとうー!!
>クリスチャンの方もやっぱり七五三とか
>したいと思ったんでしょうかね?
1980年代にローマ法王の来日以降かな?

信者の方は、ミサの時に聖餐といって、
パンとぶどう酒をいただく儀式が
ありますが、本来信者でない人は
席に黙って座っているだけ。

それじぁ、あんまりにも愛想がない
教会に来たってつまんないだろう。

と言う意見がでて、祝福(信者の人といっしょに並んで、パンとぶどう酒の代わりに神父さんに頭ナデナデしてもらうこと)をしようと決定しました。
迎合しているわけでもないと思いますが、
そんなことするの、日本だけですよ。

七五三にしても、年齢に関係なく、子供の
成長を願う礼拝の機会にしているところもあるし、相当適当だし、日本の七五三の感覚とは、まるで違うところも数多いと思います。

特に、子供のための礼拝の時間を設けている
教会も多く、やはり「結構勝手にやっている
と言う感想を持ちます。

人の信仰にとやかく言う立場ではありませんが
やはり、伝統行事は、その伝統と趣旨を理解し、大切に執り行うところをお勧めします。
似たようなものでやっても面白くも何ともないでしょう。

いつも毒舌ですみません。
特に、宗教関係には厳しいもので。
送信したコメントがどこかへ行ってしまいました・・・(T▽T)

7歳でお祝いする地方もあるということで、貴重な情報を
ありがとうございました!
優夢と一緒に衣装探しに行ってみようと思います。(^^)
・・・うれすぃ・・・

褒めてもらっちゃったv-10

写真送ってみたよーーー。

結び目写ってないんだけどw
おおお!

うち、逆に入学祝いなんか写真撮ってないw

みちこさん着物着たのねーーー!

私もおかんに借りようかと思ったんだけど、「着付けの方が高くつくんでねが?」といわれてそういえばそうだわとあきらめたw

タロが写真撮ったとき、確か飾りに持たされる刀を振り回してみたり、へんなポーズをとったりで大変だった気がする・・・

出来上がった写真が普通なんでちょっと忘れてたw

ありがとう!

そちらの状況はいかがですか?

うちは・・・・・・・・うははははっははあ

ノーコメントw

毒舌なんてとんでもない!

私もちょっと調べてみました。

「幼児祝福式」ってんですね。

教会によっては「千歳飴」持たせるらしいんですがw

「千歳飴」はいいのか?!
だったら着物くらい着せろや。
民族衣装だぞ。
(その他いろいろ渦まく感情)


宗教というのは、流石にわざわざ「自由」を憲法で保障するだけあって、理解できないものはなかなか理解できませんね・・・。

お返事までありがとうございます!

その後、ちょっと調べてみたのですが、貸衣装屋さんとかでやっぱり135㎝くらいだったかの七歳サイズを扱っているところがあったので!
きっとありますよ!

うちのタロはジロの着物を見て「僕もカブトムシの着物着たかった・・・」と言っています。
サイズが小さいのでそれは無理で・・・。

言われるとしてあげたくなるんですけどね
いつも聞いた話で申し訳ないのですが、
教会の礼拝には、出席者に服装規定はない
そうです。

昔、牧師婦人が
牧師以外は何を着ようと自由だ!
結婚式に花嫁が白無垢着たって
なんの問題もない!!

と力説していました。

人がどう感じる課は、無視できないものの
と言うことですが。
ご参考まで。
stellaさんは博学ですね、本当に。

その「人がどう感じるか」をその牧師婦人に聞いてみたいです。

「人が」って「クリスチャンの人」ですよね?

どう思うんでしょうね。

けしからんとか思うのかしら?
この牧師の奥さんの場合、
『人がどう感じるか』というのは
お式に出席してくださる方、特に
その教会とはまったく関係のない
親戚やお友達のことを指しています。

教会での結婚式のイメージはかなり
固定されていますが、この方の教会は
勝手に企画させてもらえるので有名。

この教会は若い信者の方が多く、
ロックコンサートみたいなお式も厳粛な
お式もありました。
出席したい人を全部集めたら、数百人の
出席者がいて、大きな教会を借りたという
話もあります。

結婚式と言うのは、二人がそれぞれ
過ごしてきたいろいろな世界が一堂に
会する機会なので、決まりきった結婚式は
ありえないと考えていたようです。

相当いろいろなことを言われる
結婚式を司式されて、開き直って
いたのかもしれません。
stella様

その牧師婦人のお話は聞いてみたいですね。

いろんな話がきけそうだ
この記事へコメントする















エメラルドのリング・・・・・・ではなくて、トーヨーのおりがみシリーズよりジュエリーコレクションのゆびわD(山口真氏)ジュエリーケースも付属の折紙で作ったもの。 ...
『いい婆さん』の作った“「必要なものを必要なだけオーダーメイドを安価で提供する」日本で初めての会社”です。 PC教材・絵カードなど・・・ぜひ覗いてみてください。

ぴろりんぱ

  • Author:ぴろりんぱ
  • 軽度の広汎性発達障害を持つ長男 中学2年 タロ。
    カンペキを求める男 疑ADHD次男 小学4年 ジロ。
    落ち着きのなさを子どもらしさキャラで乗り切るADHD 小学1年 サブ。

    の3人を育てる母。

    バツイチとなった母は余命を生きる体となりました。

    息子たちと私の『平和かつ平凡(?)』な日々。
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

↑ 『この木なんの木』も売ってます

↑ あ、あ、当たるといいな♪ 最近ロクな事ないし。

楽天で探す
楽天市場

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。