≪ 2006 01   - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 - - - -  2006 03 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


こちらの子ども会で、集まりがありました。
顔合わせ、みたいなもので、カラオケボックスが集会場所でした。

前日、タロに「明日はカラオケだよ」と伝えると

「ええぇぇ~! 歌わないといけないのぉ~~~~?! 行きたくないなぁ~~~~」

と非常に嫌そうな答え。

「いや、べつに歌いたくなかったら歌わなくていいよ。でも同じクラスの子も来るし、行ったら遊べるよ」
と私が言うと「じゃあ行く」と答えつつ気乗りしてないようでした。


当日も

「どうしても行かないとダメなの?
 おかあさんだけじゃダメなの?
 本当に歌わなくていいんだね?」

としつこく歌うことを拒否していたタロでした。

カラオケボックス(といってもとても広い部屋でした)に着くと、やはり同じクラスの子や集団登下校をしている子達ばかりがいるので、タロのテンションもいっきに上がりました。

そして、食事なんかをして、親はおしゃべりをして、子供達はマイクで遊んでいて・・・。

なかなかカラオケは始まらなかったのですが、ひとりのお母さんが子供の好きな曲を入れました。

そしたらそれで子供達は大盛り上がり。

次々と曲を入れだしたのですが・・・







なんでお前らがモニター真ん前かぶりつきなんですか?


タロ?

あんだけカラオケ拒否してたお前はなんだったんだ?

ちょっと恥ずかしいじゃないか。





そして、数日経った今日も、タロは

「あ~~~~~~、カラオケ行きてぇ~~~~~~

と言っておりましたとさ。








スポンサーサイト
『いい婆さん』の作った“「必要なものを必要なだけオーダーメイドを安価で提供する」日本で初めての会社”です。 PC教材・絵カードなど・・・ぜひ覗いてみてください。

ぴろりんぱ

  • Author:ぴろりんぱ
  • 軽度の広汎性発達障害を持つ長男 中学2年 タロ。
    カンペキを求める男 疑ADHD次男 小学4年 ジロ。
    落ち着きのなさを子どもらしさキャラで乗り切るADHD 小学1年 サブ。

    の3人を育てる母。

    バツイチとなった母は余命を生きる体となりました。

    息子たちと私の『平和かつ平凡(?)』な日々。
01 ≪│2006/02│≫ 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

↑ 『この木なんの木』も売ってます

↑ あ、あ、当たるといいな♪ 最近ロクな事ないし。

楽天で探す
楽天市場

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。