≪ 2017 05   - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 -  2017 07 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


すみません、自分の化学療法が終わったところで、今一番体力が落ちているので、少しずつ携帯から更新します。

▼続きを読む▼

スポンサーサイト

息子3人いっぺんに児童精神科にかかることにしたぴろりんぱの運命やいかに



▼続きを読む▼

お久しぶりです。


激しくお久しぶりです。


とか言いつつ、本当はmixiやtwitterには毎日顔出してます。

てへぺろ。



さて。

つい最近、我が息子ら3人、こちらの県にある某児童精神科に初めて行きました。


なので、「なぜとうとう病院へ行くに至ったか」等をご報告したく、久しぶりにここへやってきました。


▼続きを読む▼

『存在する』ということ


これは私が大分昔からこだわってきたことで

ただ『生きている』というだけでは、『存在している』ということにはならないと思っていて

息をしているだけなら、生きていなくてもいいんじゃないかと


そう思うようになってからは、できるだけ

出会った人達
縁のあった人達の中に
良い形で『存在したい』と思うようになった


それは息子にも言っているのだけれど
いつ、急に「サヨナラ」になっても
相手が自分を思い出したときに
そのイメージが暖色系であって欲しいと
そう思っているのだけれど

案外この『存在する』というのは難しいことな気がする。
『存在する』というより『存在し続ける』ということが、だな

それに、いい形で存在したいと行動することには
“偽善”が見え隠れしている気がして
自分の今の考えは“善”なのか“偽善”なのかと
しばし悩むこともあったりする

さて、
何が言いたいのかわからなくなってきたな。


まあ
あれだ

実際、この身体になったら、本当に嘘みたいに
なんにでも感謝できるね

生んでくれて ありがとう
生まれてくれて ありがとう
友達でいてくれて ありがとう
すげー天気がいい ありがとう
すげー景色が綺麗だ ありがとう

そんな感じ

あれ? なんか死亡フラグ立ってる感じになってるw
いや、でも、なんか、どうも
来るときはガクっと来るっぽいのかなと思ったので
たまに、こんなん書いておいたって


いいじゃんw



おしまいwww



同級生への説明の後、担任の先生からいただいたメールには『重い話だった為、終わった後もしばらく沈黙が続きました』とありました。
 
 
 
写真ですが、学校の先生が保護者の理解を深めてもらう為の勉強会のようです。
 
去年の資料をいただきましたが、流石に教えるのが本業だけあってわかりやすい資料でした。
 
 
 
私は行かねばならぬ立場であると自負していますが、いったいどれだけの保護者が参加してくれるのか、気になるところです。
 
場合によっては保護者へ向けてのカミングアウトの場になる可能性もあるのかもしれません。(先生からは何も言われていないです)
 
 
 
 
 
 
それでタロですが、物を振り回そうとする、とかはその後無いようなのですが、今度は“ポッケェ~~~~~”っと。

気が抜けた炭酸水の如く冴えない状態です。

人生初期末テスト、一夜漬けすらせず、それどころか範囲のプリント学校に忘れてくる始末。
ここ最近は本当に毎日、声を荒らげて叱っている状態です。

「ここ、こうしないといけないんでないの?」
「これ、忘れてるけど?」

ひとつひとつ言われてからやる度がメキメキ上がってきています。

 
言われてもすぐやらないから言われたこと忘れて結局やらずに終わる、とか。
 
 
こまめに声をかけるべきなのでしょう。
 
ゆっくり見守るべきなのでしょう。

 
 
 
 
ですが私にはもう、その時間がありません。
 
 
 
 
「母さんにはもう、時間が無いんだよ! 見守ってやりたくてもやれないんだよ! お前がどんなもん抱えてようが、社会に出る時は“普通の人”として出ていくことになるんだよ! 母さんはお前のその姿を見られない可能性が高いんだよ! でも今のまま無責任に死ぬ訳にはいかねんだよ! お前がしっかりして、母さんが教えたことを覚えて、ジロやサブに教えてやらなきゃ、誰が教えるんだよ!」
 
 
 
こんな風に怒ったこともあります。
 
 
 
でも、どうも今は駄目な時期のようです。
 
 
 
私も流石に疲れてきました。
 
 
 
「怒られたくないだろう? 母さんがお前くらいの頃、やっぱりいちいち言われるのは嫌だったよ。だから言いたくは無いんだよ。でも提出物とか、最低限のことすらしようとしないのでは、言うしかなくなるんだよ」

「お前に少しでも“改善させよう”“出来なくても努力しよう”とか、自分について悩むとか、そういう姿が見えたなら、まだいいんだ。今のお前は何も考えていない。だから腹が立つんだ!」
 
「まさかお前、“これが自分の特性だから”とか甘えてんじゃねぇだろうな?」 
 
 
毎日、毎日、毎日。

 
 
 
きっとタロもしんどいだろうと思ってはいます。
 
 
 
もうすぐ夏休みです。
 
 
 
夏休みを超えたら何かが変わるといいなぁ。



『いい婆さん』の作った“「必要なものを必要なだけオーダーメイドを安価で提供する」日本で初めての会社”です。 PC教材・絵カードなど・・・ぜひ覗いてみてください。

ぴろりんぱ

  • Author:ぴろりんぱ
  • 軽度の広汎性発達障害を持つ長男 中学2年 タロ。
    カンペキを求める男 疑ADHD次男 小学4年 ジロ。
    落ち着きのなさを子どもらしさキャラで乗り切るADHD 小学1年 サブ。

    の3人を育てる母。

    バツイチとなった母は余命を生きる体となりました。

    息子たちと私の『平和かつ平凡(?)』な日々。
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

↑ 『この木なんの木』も売ってます

↑ あ、あ、当たるといいな♪ 最近ロクな事ないし。

楽天で探す
楽天市場

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。